アリミノ スパイス チューブ ナチュラルの解析結果

総合順位

1682

総合得点 5点満点

1.57
成分数エキス系特効ダメ
13001
  • アリミノ スパイス チューブ ナチュラルの詳細情報
  • アリミノの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 167
  • [容量] 100ml
  • [参考価格] 1050円
  • [1mlあたり] 約 10.5円

アリミノ スパイス チューブ ナチュラル解析チャート

アリミノ スパイス チューブ ナチュラルの解説

スキンクリームのようなシンプルな保湿剤タイプの一品。

ミネラルオイルをベースに、肌を油剤で蓋をして保湿しようというタイプ。

総合すると、

シンプル過ぎてあまり取り柄がなく、髪に使うなら多少しっとりさせる以上の効果はほとんどない、

保湿クリームと見ていいでしょう。

アリミノ スパイス チューブ ナチュラルの全成分

1

2ミネラルオイル

地下資源(石油、石炭、天然ガスなど)由来の炭化水素化合物で、いわゆる鉱物油・流動パラフィンと呼ばれる種類です。ワセリンも同じ鉱物油です。肌へは全く浸透しないため、肌刺激はありません。また、分子間に隙間がほとんどない構造のため、強い光沢感を得ることもできます。また、クレンジングオイルの基剤に用いられることもあり、強い油性でメイクを馴染ませ落とすことも得意です。ヘアケアでは光沢の強い油膜コーティングを施す目的で配合されることがあります。

3ステアリン酸

4ポリソルベート60

5パルミチン酸イソプロピル

さっぱりとした感触のエステル油。展延性に優れ、使用感が良い。

6セスキオレイン酸ソルビタン

7TEA

トリエタノールアミンです。主にアルカリ剤として使われますが、この成分単独では発がん性物質を誘発する懸念があると言われたことがあったため、日本製の製品ではあまり登場しない成分です。ただし、発がん性に関しては通常の利用場面では起こりづらいケースであり、この成分が即NGとは言い切れないが、より安全性を高めた素材がチョイスされることに関しては歓迎であろう。

8シア脂

シアの木の実から採れる植物油脂。体温付近で溶け、なめらかな感触、自然なエモリエント感を示す。また、わずかながら創傷治癒作用をもつアラントインや、整肌作用を持つカロチノイド、トコフェロールなどを含む。

9ベヘニルアルコール

皮膚刺激が少なく、粘度変化が少ないエマルションを形成する。

10カルボマー

カルボキシビニルポリマーのこと。水溶性増粘剤で、1%以下の配合で粘度をコントロールできる。耐塩性がやや低い。

11フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

12プロピルパラベン

13メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

販売元による宣伝文

●天然素材が肌にやさしく、髪に自然なツヤ●ナチュラル仕上げのスタイリング●お肌の弱い方のスタイリングに●手荒れ防止のハンドクリームとしてもご使用いただけます。●プロフェッショナル用

アリミノ スパイス チューブ ナチュラルの関連商品

アリミノ スパイス チューブ ナチュラルを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。