アリミノ スプリナージュ モイスチャージュレの解析結果

総合順位
670
総合得点 5点満点
2.11
成分数エキス系特効ダメ
20400

アリミノ スプリナージュ モイスチャージュレの詳細情報

[製造販売元] アリミノ

[商品ID] 1522
[容量]115ml
[参考価格]3150円
[1mlあたり] 約27.39
素材 
2.6
安全性
4.3

コスパ 

1

環境 
3.4
補修力
2
ツヤ 
2.3
感触 
3.4

アリミノ スプリナージュ モイスチャージュレの解説

髪用にしては役にたたない成分が多い。

やや香りも良さそうですが、アウトバストリートメントとしては滑らかな感触を与える他には特に特徴はない一品。

ベタつきや刺激性はよく抑えられていると思います。



わずかに機能性をもたせた処方であり、レシチンの高濃度、シアバター、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマーのなめらか感といった要素が期待されますが、

お世辞にも高いとはいえない効力であり、低刺激性は良いが効果も低い。という印象。

アリミノ スプリナージュ モイスチャージュレの全成分

1

2イソドデカン

3グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

4水添レシチン

大豆リン脂質もしくは卵黄リン脂質に水素を添加した形。天然の界面活性剤であり、水素を添加してレシチンにありがちな臭いの問題をクリアにしています。経皮吸収促進作用や乳化分散作用を目的に配合。

5プラセンタエキス

美白作用や抗シワ作用があるとされますが、肌に塗るという使用法ではやや効果が疑問視されます。様々な効能や栄養素が含まれる、と言われますが、裏を返せばどの効果も薄いということもあり、プラセンタ配合のおかげで実際にメリットがあったという有効な研究結果も乏しいものです。

6オリーブ葉エキス

・オリーブ葉エキスはオレウロペインを含有したエキスで、皮膚の老化を防ぎ、肌荒れを改善する効果。

7ガリカバラ花エキス

整肌作用、保湿、消炎作用、抗菌作用を付与。

8シア脂

シアの木の実から採れる植物油脂。体温付近で溶け、なめらかな感触、自然なエモリエント感を示す。また、わずかながら創傷治癒作用をもつアラントインや、整肌作用を持つカロチノイド、トコフェロールなどを含む。

9BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

10シクロデキストリン

11デキストリン

12ベルガモット果実油

13テレビン油

14マヨラナ葉油

マジョラムとも呼ばれます。シソ科、ハナハッカ、マージョラムなどの別名も。ヒアルロン酸の産生を促進する効果があり、肌シワの軽減を期待。

15トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル

酸化に対して安定な多価アルコール脂肪酸エステルで、べたつかない軽い感触を与える。

16ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル

光沢性、エモリエント性、酸化安定性、特に抱水性にすぐれた植物由来のダイマージオールエステル。

17(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー

タウリン系増粘剤で、さっぱり感の仕上がりが特徴。酸性からアルカリ性まで広範囲pHへの安定性を提供する。

18トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

19カプリリルグリコール

静菌作用を有する保湿剤として使われます。

20カプリリルヒドロキサム酸

メーカーの紹介文

軽い質感で地肌と髪に潤いを与え、髪のうねりやパサつきを抑えます。天然アロマの香り、乾燥する地肌を保湿し、栄養を与えながら、地肌バランスを整えます。髪のふんわり感を損なわずに保湿、水分バランスを整え、うねりをのばします。

アリミノ スプリナージュ モイスチャージュレの関連商品

アリミノ スプリナージュ モイスチャージュレを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。