アリミノ スパイス チューブ ジェリーの解析結果

総合順位
1659
総合得点 5点満点
1.43
成分数エキス系特効ダメ
14001

アリミノ スパイス チューブ ジェリーの詳細情報

[製造販売元] アリミノ

[商品ID] 166
[容量]100ml
[参考価格]1050円
[1mlあたり] 約10.5

素材 

0.5

安全性
2.3

コスパ 

1.5

環境 
2.7

補修力

1.9

ツヤ 

1.9

感触 

1.6

アリミノ スパイス チューブ ジェリーの解説

ユニークな感触のジェル状スタイリング剤です。

コンディショニング効果を感じさせる仕上がりや、ジェル系の液体から形状記憶性の皮膜を作り出す面白い動作を見せる一品。

総合すると、

どシンプルな設計ですが、面白い感触と実用性、潤いを伴うハードセットというユニークな製品であり、

まずまずいい感じな製品といえます。

感触を楽しみたいスタイリング剤ですね。

アリミノ スパイス チューブ ジェリーの全成分

1

2エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

3グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

4ポリウレタン-14

5(アクリレーツ/イタコン酸ステアレス-20)コポリマー

6TEA

トリエタノールアミンです。主にアルカリ剤として使われますが、この成分単独では発がん性物質を誘発する懸念があると言われたことがあったため、日本製の製品ではあまり登場しない成分です。ただし、発がん性に関しては通常の利用場面では起こりづらいケースであり、この成分が即NGとは言い切れないが、より安全性を高めた素材がチョイスされることに関しては歓迎であろう。

7アクリレーツコポリマーAMP

8PEG-20ソルビタンココエート

9メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

10フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

11プロピルパラベン

12香料

香りづけ。

13黄203

14緑201

メーカーの紹介文

●ウェットな仕上げにしたい方に●タイトなデザインをつくりたい方に●プロフェッショナル用

アリミノ スパイス チューブ ジェリーの関連商品

アリミノ スパイス チューブ ジェリーを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。