アリミノ スパイス シャワー ウェーブスタイルの解析結果

総合順位
678
総合得点 5点満点
2.1
成分数エキス系特効ダメ
14100

アリミノ スパイス シャワー ウェーブスタイルの詳細情報

[製造販売元] アリミノ

[商品ID] 157
[容量]180ml
[参考価格]1575円
[1mlあたり] 約8.75
素材 
2.5
安全性
3.8

コスパ 

1.6

環境 
2.4
補修力
2.6
ツヤ 
2.9
感触 
3

アリミノ スパイス シャワー ウェーブスタイルの解説

ツヤ重視の設計となっているスプレー。

シンプルな作りですが、まさにツヤを重視した内容といえる構成でまずまず。

総合すると、

しっかりと皮膜してきれいに見せることができるでしょう。

特に肌刺激も心配なほどではありませんので、使いやすいタイプといえます。

アリミノ スパイス シャワー ウェーブスタイルの全成分

1エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

2LPG

3DME

ジメチルエーテルのことです。単純なエーテルの一種で、別名メトキシエタンとも呼ばれます。スプレー噴射剤として利用されることが多い。

4(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル

5ミリスチン酸オクチルドデシル

油性感が少なく、さらとしたエステルオイルです。加水分解・酸化に耐性が高い。

6スクワラン

肌本来の保護油としても知られています。汗などの水分と混ざることで皮脂膜を形成し、肌や髪を保湿、保護、潤滑させる作用があります。

7マヨラナ葉エキス

マジョラムとも呼ばれます。シソ科、ハナハッカ、マージョラムなどの別名も。ヒアルロン酸の産生を促進する効果があり、肌シワの軽減を期待。

8BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

9PEG-8

10フェニルトリメチコン

ツヤ感が特徴のシリコーンオイルです。

11(アクリル酸アルキル/ジアセトンアクリルアミド)コポリマーAMG

12トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル

ベタつきの少ない乳化安定剤。取扱が容易でかんたんに乳化させることができる特徴。

13

14香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

●なめらかな指通りのナチュラル仕上げスプレー●保湿効果でまとまる、やわらかいナチュラルな仕上がり●プロフェッショナル用

アリミノ スパイス シャワー ウェーブスタイルの関連商品

アリミノ スパイス シャワー ウェーブスタイルを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。