アリミノ アクアモイスチュア・ハイタルの解析結果

総合順位

1328

総合得点 5点満点

1.79
成分数エキス系特効ダメ
14000
  • アリミノ アクアモイスチュア・ハイタルの詳細情報
  • アリミノの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 136
  • [容量] 230ml
  • [参考価格] 5040円
  • [1mlあたり] 約 21.91円

アリミノ アクアモイスチュア・ハイタル解析チャート

アリミノ アクアモイスチュア・ハイタルの解説

なんの役に立つのか、と問いたくなる駄作。

高額品でありながら、ジメチコンと微量のセラミド程度しか含まない謎なコンディショナーです。

ここまでくると、ボッタクリトリートメントと言われても仕方ないレベルでしょう。

見所なし、価値なし、市販以下の超駄作、ボッタクリレベルの一品といえます。

アリミノ アクアモイスチュア・ハイタルの全成分

1ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

2

3グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

4ラウレス-21

5(C12-14)パレス-12

6セラミド2

7BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

8PPG-4セテス-20

9DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

10ジメチルPABAオクチル

パラアミノ安息香酸のことです。紫外線対策に配合されることが多い成分ですが、皮膚刺激性があり、発がん性を危惧されるニトロソアミンの発生が疑われることからほとんど使われていません。

11安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

12プロピルパラベン

13メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

14香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

●髪の内部に水分を補給しながら、アクアバランスを整え、しっとりとした潤いを保つ

アリミノ アクアモイスチュア・ハイタルの関連商品

アリミノ アクアモイスチュア・ハイタルを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。