ジュレーム アミノ シュープリーム トリートメント(サテンスリーク)の解析結果

ジュレーム アミノ シュープリーム トリートメント(サテンスリーク)

総合順位

1127

総合得点 5点満点

1.96
成分数エキス系特効ダメ
44220
  • ジュレーム アミノ シュープリーム トリートメント(サテンスリーク)の詳細情報
  • コーセーコスメポートの関連商品
  • [JANコード] 4971710395754
  • [商品ID] 7406
  • [容量] 500ml
  • [参考価格] 1320円
  • [1mlあたり] 約 2.64円
ジュレーム アミノ シュープリーム トリートメント(サテンスリーク)解析チャート

ジュレーム アミノ シュープリーム トリートメント(サテンスリーク)の解説

良い素材があるわりに効果が薄口な印象

基本的な構成はしっとり系のコンディショナーとでも言うべき内容です。

しっとり系の4級カチオン界面活性剤であるベヘントリモニウムクロリドをベースに、アミノ酸各種、アモジメチコン、ヤシ油などで構成されています。

厳しい環境の中で保湿力を維持できるエクトインという機能性保湿剤も配合されていますね。

これだけ見ると一般的なコンディショナーと大きく差異はない印象を受けますが、とても良い素材が含まれています。

注目の成分,シリル化シルク

ヒートプロテインとも呼ばれる(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク。熱に反応してコーティングを形成し、均一で蓄積しづらい美しい皮膜を形成する成分です。

この成分の存在は、ジュレームシュプリームトリートメントのクオリティを一段上げていると言っていいでしょう。

アミノ変性シリコーンなどだけではビルドアップして、使うたびに質が悪くなるという悪影響を及ぼしかねませんが、このシリル化シルクの存在によってそういったデメリットを排除しています。

この点に関しては大きなメリットと言えるでしょう。

総合的に見るとちょっとおとなしいコンディショナーのように思える

ヒートプロテイン配合は間違いなくメリットですが、その他の部分に関しては基本的なコンディショナーと大差ない内容となっているため、全体を通してみると必ずしも素晴らしいクオリティであるとは言えないでしょう。

ヒートプロテインがより活きるような主役といえるような補修素材などが乏しく、平凡なコンディショナーに場違いな質の良い成分が紛れ込んでしまったような全成分表に見えてしまいます。

エクトインのような機能性保湿成分もあるにはありますが、この成分がより生きるのはスキンケアにおいて。

そういう意味では髪に対するケアとして理想的な成分とは必ずしも言えません。

そういったことも含めて、市販のコンディショナーとしてはまずまず悪くないのですし、皮膜形成の部分においては質の良さを体感することができるかもしれません。

ただし、ダメージケアという要素が乏しく、より強力なトリートメントをお探しの場合はこの製品が理想とは言えない可能性が高いです。

他の選択肢を探ってみることも必要でしょう。

ちょっとしたツヤの改善、指通りの改善程度で良い軽いダメージであれば満足度が高くなる可能性があります。

4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。タンパク変性作用が強いため、皮膚には付けるべきではありません。髪のダメージ部に吸着し、疎水性を改善させます。
ステアルトリモニウムクロリド
・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。結果的に、肌にマイルドといえる方法です。
メチルパラベン
ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。
ベヘントリモニウムクロリド
防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。
フェノキシエタノール
末端がアミノ基で修飾されたシリコーン重合体。髪への吸着性が高く、しっとりした感触が持続的に付与されます。
アモジメチコン
・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。
安息香酸Na
塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液で、コンディショニング効果を付与する他に泡質をきめ細かく増加させる機能があります。
ポリクオタニウム-7
ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。
ジメチコン
殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。
エタノール
肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。
グリセリン
エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。
イソプロパノール
1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。
BG
エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。
EDTA-2Na
シルクヒートプロテインです。持続性が高く、強固なコーティングを伴うシルク素材で、感触の改善やツヤ、髪の保護効果が高い。
(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク

完成度は低い



コーティングの質は良い。

販売元による宣伝文

浸透性の高い保水、補修型アミノ酸(エクトイン)を配合し、ダメージ、うねりをWで贅沢補修。
さらさらかろやかな髪へ。
ローズ&ジャスミンの香り。