ビューナ アイバッグリフトの解析結果

総合順位

7

総合得点 5点満点

3.54
成分数エキス系特効ダメ
23650
  • ビューナ アイバッグリフトの詳細情報
  • コモライフの関連商品
  • [JANコード] 4990911689691
  • [商品ID] 6452
  • [容量] 10ml
  • [参考価格] 2960円
  • [1mlあたり] 約 296円

ビューナ アイバッグリフト解析チャート

ビューナ アイバッグリフトの解説

まさに目元美容液。

天然由来成分中心で上々のエイジングケア



深く、持続的で明確な効果。

目元の血流促進を促進し、ディープにエイジングケアを図る美容液。

1つ1つの成分の意味合いがはっきりしていて、有効性を期待される良い製品です。



グルコシルヘスペリジンという、ビタミンPと呼ばれる毛細血管強化成分を中心に、

ビタミンB12のシアノコバラミンがやはり毛細血管補強効果や眼精疲労の改善に効果を見せます。



ディープな抗酸化作用を48時間前後働かせる油溶性ビタミンCや、新陳代謝促進、血行促進などのビタミンA、紫根エキスも配合。

抗酸化という面では、さらにビルベリーエキス、酢酸トコフェロールなども効果的ですね。



このように、エイジングケアの最重要項目でもある、血行促進や抗酸化作用に特化した処方で目元にダイレクトに、かつディープにアプローチ。



効果が高い上に、素材的な面でいえば安全性も高いという特徴を携えて設計されています。

非常にオススメ感が高い、クオリティ高い逸品です。

ビューナ アイバッグリフトの全成分

1

2グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

3BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

4ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

5グルコシルヘスペリジン

オレンジやレモンなどの柑橘系に含まれるフラボノイドです。毛細血管を強化する働きがあり、また抗酸化作用にも優れる他、抗アレルギー作用もあります。ヘスペリジンが水にほとんど溶けない成分のため、メチル基をつけて水溶性を高めています。

6レモンエキス

7オレンジエキス

8ビルベリーエキス

抗酸化作用と血行促進作用示すビルベリー果実抽出エキス。

9サトウキビエキス

・サトウキビエキスはイヌリンを含む高い保湿効果と角質柔軟作用を与えます。

10サトウカエデ樹液

・サトウカエデ樹液はメープルシロップエキスのことで、保湿、細胞活性化、毛髪ダメージ補修効果を与えます。

11ハマメリスエキス

ハマメリスエキスは収れん作用により毛穴を引き締め、皮脂の抑制などに寄与します。また、毛細血管強化、抗炎症作用も。

12シコンエキス

ムラサキ科のムラサキという多年草木の根から得た成分で、 シコニン、アセチルシコニン、アラントインなどの新陳代謝・抗炎症系成分が含まれている。また、抗菌作用、皮膚細胞賦活作用、育毛効果、血行促進作用を付与する効果的な成分です。

13シアノコバラミン

ビタミンB12と呼ばれる成分で、体内では補酵素として働くピンク色の成分です。眼精疲労などの治療に使われていたり、整肌作用を付与します。不足すると悪性貧血を起こします。スキンケアでは毛細血管補強作用やタンパク質の合成と補修作用があり、エイジングケアに役立ちます。

14キサンタンガム

微成分により生成される多糖類です。親水性コロイドとして水系の製品の増粘剤として働きます。温度耐性、pH耐性が高い。

15ピーナッツ油

16スクワラン

肌本来の保護油としても知られています。汗などの水分と混ざることで皮脂膜を形成し、肌や髪を保湿、保護、潤滑させる作用があります。

17パルミチン酸レチノール

・パルミチン酸レチノールはビタミンA誘導体で、抗シワ、抗老化、たるみ、シミ、乾燥を防ぐ効果を付与。ただし、摂り過ぎは副作用の懸念あり。

18テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

・テトラヘキシルデカン酸アスコルビルは脂溶性ビタミンC。皮膚への浸透性が高く、48時間以上持続する抗酸化作用を付与。

19酢酸トコフェロール

ビタミンE誘導体。化粧品中の油分が酸化するのを防止したり、肌に対しては抗酸化作用・血行促進作用を付与することが期待される油溶性ビタミン。

20ラウリン酸ポリグリセリル-10

親水性乳化剤。ニキビの原因アクネ菌の殺菌にも役立つ。

21クエン酸Na

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

22メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

23フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

販売元による宣伝文

柑橘系の果物由来のポリフェノールである、ビタミンP誘導体(ヘスペリジン)を配合。ハリのあるキリッとした目元へと導く、目元専用美容液です。

ビューナ アイバッグリフトを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。