ビューナ 三種のビタミンC誘導体液プラスの解析結果

楽天で購入

総合順位

105

総合得点 5点満点

2.83
成分数エキス系特効ダメ
10000
  • ビューナ 三種のビタミンC誘導体液プラスの詳細情報
  • コモライフの関連商品
  • [JANコード] 4549081911721
  • [商品ID] 7488
  • [容量] 97ml
  • [参考価格] 2178円
  • [1mlあたり] 約 22.45円
ビューナ 三種のビタミンC誘導体液プラス解析チャート

ビューナ 三種のビタミンC誘導体液プラスの解説

すごい抗酸化力。

迫力のある抗酸化美容液。

しっかりと浸透するタイプの抗酸化成分(ビタミンC誘導体)を3種類で構成した美容液です。

さらに、ノーベル賞を受賞した成分でもあるフラーレンも配合され、有効成分がすべて抗酸化剤と言う圧倒的に迫力のある内容となっています。

抗酸化力はダントツですごい

抗酸化力,といえばイコール美白、と思われている部分もあるかと思いますが、基本的にはラジカル除去、つまり酸化物質を消す働きにより肌細胞の老化を防ぐのが真の目的といえます。

その副産物としての美白作用、という言い方もできるでしょう。

肌のくすみを消すと言う働きも期待できるビタミンC誘導体、メラニンの生成を強力に阻んでくれる点が魅力ですね。

そして、本来水溶性であるビタミンCを油溶性にした形で配合しているため、皮脂バリアになじんで肌の奥に浸透してくれるという機能性を持っています。

油溶性である、というのも重要で、このような工夫がされていなければ、肌に浸透せず汗などで簡単に流れ落ちてしまうことになるからです。

極めて高い抗酸化力を持つと言われるフラーレンの配合も,これらはビタミンC誘導体の働きをさらに底支えするように機能するでしょう。

活性酸素を掃除機のように吸着して吸い取るタイプの抗酸化作用をフラーレンが10時間以上も継続して効かせるわけですから、自らが酸化されてラジカル除去するビタミンC誘導体とのコンビは最強です。

エイジングケアに直球勝負で効果をぶつけるタイプの美容液。

これは普段よくわからない、もしくは意味のない美容液を使われている方には衝撃的に心に染み入る逸品となるのでは。

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。
グリセリン
1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。
BG
フラーレンは、多くの抗酸化成分のように自らが酸化されるタイプではなく、活性酸素を吸着させて酸化を防ぐ。
作用できる活性酸素の種類が多く、お肌の表面を10時間以上も活性酸素を掃除してくれる。また、紫外線吸収剤の多くのように紫外線により壊れてしまう(分解してしまう)こともなく、安定性と持続性が大変優れる。ビタミンCの172倍といわれる抗酸化力で、老化の原因となる活性酸素を無害化します。共有結合結晶であるダイヤモンドやグラファイトとは異なり、数十個の原子からなる構造を単位とする炭素の同素体である。物理的に極めて安定で、水や有機溶媒に溶けにくい性質を持つため、利用開発の難易度が高い。
フラーレン

抗酸化力のかたまり。



美白、エイジングケアに直球勝負。

販売元による宣伝文

ハリ肌へ導くエイジングケア成分がタッグ。3種類のビタミンC誘導体とフラーレンを配合した美容液です。肌のキメを整え、つるんとなめらかなお肌へ導きます。


ビューナ 三種のビタミンC誘導体液プラスの解析結果 | シャンプー解析ドットコム株式会社アナリスタはシャンプー解析ドットコム・カイセキストアを運営。シャンプー・トリートメント・コスメなどのランキングを公開中。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。