ビューナ アイバッグリフトスティックの解析結果 | シャンプー解析ドットコム 

ビューナ アイバッグリフトスティックの解析結果

カイセキストア+で購入
コモライフ ビューナ アイバッグリフトスティックをAmazonアマゾンで購入
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ビューナ アイバッグリフトスティック
価格:1338円(税込、送料別) (2020/7/7時点)


楽天rakutenで購入
総合点3.18
411個中59位
品質3.4 %
成分数15
1mlあたり550円 %
安全性4.7 %
エキス類0
詳細情報
  • ビューナ アイバッグリフトスティックの詳細情報
  • [発売日]
  • [JANコード] 4549081910847
  • [ランキング] 59位 411個中/
  • [ポイント(5点中)] 3.18点
  • [ジャンル] C
  • [容量] 3ml
  • [参考価格] 1650円
  • [1mlあたり] 約 550円
  • [商品ID] 7637
  • [ASIN]
  • [商品サイズ]
  • [商品重量] g
  • [成分数]15
  • [エキス類の数]0
  • [特に優れた成分の数]2
  • [要注意成分の数]1
販売元による宣伝文
ヘスペリジン配合の目元保湿スティック。引き上げながら塗布することでハリと潤いを与えます。光ファンデ効果もあり、メイクの上からでも使えます。
関連商品
コモライフ ビューナ アイバッグリフトスティックをAmazonアマゾンで購入
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ビューナ アイバッグリフトスティック
価格:1338円(税込、送料別) (2020/7/7時点)


楽天rakutenで購入
ビューナ アイバッグリフトスティック解析チャート

ビューナ アイバッグリフトスティックの解説

一石三鳥すぎる目元に最強の美容アイテム!?

その透明性に注目!美容液ながらファンデとしても傑出

美容液として存在するだけなら、美容成分だけを配合したようなものにすれば事足りると普通は思いますよね。

しかし、アイバッグリフトスティックは全く違います。

もはや美容液の概念を超え、光ファンデとしても機能してしまう格の違いがあるのです。

ジブチルラウロイルグルタミド、ジブチルエチルヘキサノイルグルタミドなどのきわめて透明性の高いゲル形成剤により、油性成分を濁らせることなく美しく透き通った表現が可能となっています。

メイクの上からでも使える、というのは、この高い透明性と密着性ゆえに可能なのです。

どんな美容効果があるか、という話に前に、この驚異的な魅せ方がある、というのをぜひ覚えておいてください。

美容効果も深く驚異的

グルコシルヘスペリジンと油溶性ビタミンC。これが間違いなく中心として美容効果に寄与します。

毛細血管強化のヘスペリジンと、48時間以上皮膚内で持続するビタミンCの抗酸化作用。

もう目元に文句なしに有効なこの2大成分が密着して効くわけですから、メリットがないわけがないです。

普通は、この美容成分が配合されている、だけで十分成立してしまうわけですが、さらに透明度が高いゲル化剤により、光ファンデーション効果までもたらしてくれる、というのがこの製品のスペシャルなところ。

説明してて思わず鼻息が荒くなりそうです。

目元の美容に欠かせない選択肢となり得る

目元に直接塗り込める、というスティックの良さと、光ファンデ効果と文句なしのエイジングケア成分。

これはちょっと、使わない理由を考える方が難しいかもしれません。

相当に優秀な美容アイテムだと言えますので、ちょっと試しに使ってみてほしいですね。

これだけのクオリティでこの値段、というのが、もうちょっと怪しいくらいにお得なので、ますます試す価値があるってものです。

美容効果、ハリを与えてリフト効果、光ファンデの一石三鳥状態で素晴らしい!

美容効果も、魅せ方もすばらしい



一石三鳥目元美容液

コモライフ ビューナ アイバッグリフトスティックをAmazonアマゾンで購入
保湿効果。
イソステアロイル加水分解コラーゲン
ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。
ジメチコン
油性感が少ないさっぱりした感触のエステルオイルです。
パルミチン酸エチルヘキシル
ジブチルヒドロキシトルエン。脂溶性フェノールであり、酸化防止剤として化粧品では使われる。変異原性、催奇性を疑われており、食品などでは使用を自粛している会社もある。
BHT
地下資源(石油、石炭、天然ガスなど)由来の炭化水素化合物で、いわゆる鉱物油・流動パラフィンと呼ばれる種類です。ワセリンも同じ鉱物油です。肌へは全く浸透しないため、肌刺激はありません。また、分子間に隙間がほとんどない構造のため、強い光沢感を得ることもできます。また、クレンジングオイルの基剤に用いられることもあり、強い油性でメイクを馴染ませ落とすことも得意です。ヘアケアでは光沢の強い油膜コーティングを施す目的で配合されることがあります。
ミネラルオイル