スカルプD ボーテ ヘアカラートリートメントマロンブラウンの解析結果

総合順位

28

総合得点 5点満点

1.89
成分数エキス系特効ダメ
49610
  • スカルプD ボーテ ヘアカラートリートメントマロンブラウンの詳細情報
  • アンファーの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 5721
  • [容量] 200ml
  • [参考価格] 2593円
  • [1mlあたり] 約 12.97円

スカルプD ボーテ ヘアカラートリートメントマロンブラウン解析チャート

スカルプD ボーテ ヘアカラートリートメントマロンブラウンの解説

美肌素材と安全性高いカラー色素。

単にカラー色素を侵入させる、というだけでなく、アンチエイジング素材も織り込んだ女性に嬉しい処方です。

保湿・弾力・ハリやコラーゲン・ヒアルロン酸の産生を促進する効果もある素材を配合。

肝心の染まりの部分は、肌に優しいものの強力に染まるというものではありません。

カラートリートメントの中でも染まり方は穏やかな部類と言えるでしょう。




このように、様々な要素がある製品ですが、ベース部分のステアルトリモニウムクロリドが勿体無い。

この成分により、肌へ塗布することが危険な製品となってしまうからです。




肌に付けられないとなると、しっかり染めるために頭皮につけたり、放置時間を長くすることが危険となってしまいます。

そのため、頭皮に有用であるはずの配合成分が活躍の場がないということに。

イソプロパノールも同様にやや殺菌性が高いので望ましい配合とは言い難い。

カラートリートメントとして、髪に塗るだけなら有効性が期待されますが、使いみちは注意が必要な部分も。

スカルプD ボーテ ヘアカラートリートメントマロンブラウンの全成分

1

2セテアリルアルコール

3パルミチン酸エチルヘキシル

油性感が少ないさっぱりした感触のエステルオイルです。

4ペンチレングリコール

1,2-ペンタンジオールとも呼ばれます。グリセリンとも近い多価アルコールというカテゴリの成分で、BGよりも低濃度で必要な殺菌性を得ることができるため、比較的安全性を売りにする製品に採用される傾向があるようです。また、さらっとしたベタつきのない使用感も特徴。

5ステアルトリモニウムクロリド

4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。タンパク変性作用が強いため、皮膚には付けるべきではありません。髪のダメージ部に吸着し、疎水性を改善させます。

6ミリスチルアルコール

1-テトラデカノール。乳化安定のために配合されたり、さらっとした感触を付与したいクリーム基材などとして配合。

7ステアリン酸グリコール

8ヒドロキシエチルセルロース

9ホホバ種子油

イコセン酸が7割以上を占める独特な組成のオイルで、油性感の少ない軽い感触のオイルです。人の皮脂に近い特徴があり、液状のため非常に使用感がなめらかなオイルです。

10ツバキ種子油

・ツバキ種子油はカメリア種子油と呼ばれ、肌や髪にとてもなじみやすい保湿オイルとして使われます。

11イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

12クロルヒドロキシAl

収れん作用によって汗などを抑制し、化粧崩れ防止などに用いられます。

13オレイン酸オレイル

14オレイン酸コレステリル

15イソステアリン酸

16イソステアロイル加水分解コラーゲン

保湿効果。

17アセチルヘキサペプチド-1

アラニン、アルギニン、ヒスチジン、ロイシン、フェニルアラニン、トリプトファンの6種からなる合成ペプチドと酢酸の反応生成物。シワ改善効果などが期待されます。

18ポリクオタニウム-6

19ポリクオタニウム‐92

20BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

21クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

22炭酸水素アンモニウム

23オリゴペプチド-74

24アルガニアスピノサ核油

アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。

25グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

26デキストラン

27トコフェロール‐1

28DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

29ゼイン

・ゼインはトウモロコシ由来の非水溶性たんぱく質で、シリコーンに匹敵する指通り・被膜形成力と毛髪のハリ向上、カラーロック、皮膚付着性向上、毛髪強度向上、ツヤ向上といった効果を与える。

30グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

31酢酸トコフェロール

ビタミンE誘導体。化粧品中の油分が酸化するのを防止したり、肌に対しては抗酸化作用・血行促進作用を付与することが期待される油溶性ビタミン。

32モウソウチクたけのこ皮エキス

・モウソウチクたけのこ皮エキスは真皮ヒアルロン酸産生促進作用、コラーゲン合成促進作用により肌にハリ・弾力を与える効果。

33ビワ葉エキス

殺菌・鎮痛・抗炎症作用を付与する。皮膚の修復作用を期待。また、血流促進作用、抗男性ホルモン作用、髪の成長サイクルを正常化させる作用などがあることがわかっており、育毛効果に期待がかかる。

34ヒアルロン酸Na

・ヒアルロン酸ミックスを配合。しっとりとしたタッチを演出しています。

35ユーカリ葉エキス

ユーカリのベビーリーフから抽出したエキス。抗菌作用、美白作用、育毛作用、抗炎症作用、角質細胞賦活作用などが期待できます。

36ソメイヨシノ葉エキス

メラニンの生成を抑制する作用、抗炎症・育毛・ヒスタミン遊離抑制作用などを付与します。

37チャ葉エキス

チャ葉から抽出したエキスです。抗菌作用が優れ、タンニンの収れん作用、ビタミン類の抗酸化作用、アミノ酸の保湿作用など付与します。

38オリゴペプチド‐41

39香料

香りづけ。

40カンゾウ根エキス

マメ科の植物甘草の根から抽出したエキス。グリチルリチン酸を豊富に含み、細胞レベルでの抗炎症作用や美白作用を期待されます。

41グアイアズレンスルホン酸Na

42アカミノキ木エキス

43塩基性茶16

44塩基性青99

45HC黄2

46HC青2

47HC黄4

48塩基性赤76

49(加水分解シルク/PGプロピルメチルシランジオール)クロスポリマー

(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルクを加水分解テトラエトキシシランと加水分解アルキル(C6-10)トリエトキシシランの縮合物で架橋したもの。

販売元による宣伝文

スカルプDボーテの女性用白髪染めは、染まりやすさにこだわりました。右の図のように、1回目からしっかり染まります。さらに、2回目では白髪が一切目立たない仕上がりになります。3回目では生え際や白浮きもなく自然な仕上がりになります。スカルプDの白髪染めは、生え際までしっかり染まって髪にも優しい処方です。スカルプDボーテ カラートリートメント ダークブラウン※弊社のヘアカラートリートメントに関しましては、 ジアミン・酸化染料フリーであり、半永久染毛剤(化粧品)となっております。 髪や頭皮に負担が少ないものとなっておりますが、 パッチテストは必ず事前に行ってからご使用ください。スカルプDの『ヘアカラートリートメント』で、自慢したくなる-5歳髪へ【ヘアカラーに配合の厳選オイルで輝く髪へ】スカルプDのヘアカラーは、100kgの果実から1リットルしか取れない、貴重な高品質アルガンオイル配合。髪の内部まで浸透し、カラーリングと同時にツヤを与えます。【オーガニック成分で髪に優しいヘアカラー】「アカミノキ」「グアイアズレン」「甘草」3種の天然由来色素を厳選し、カラーリングを重ねても、髪と頭皮の健康を考えました。【浸透型コラーゲンで、芯まで染まるヘアカラー】一般的なヘアカラートリートメントに多い不満点はといえば、染まりの悪さ。そこでスカルプDは「浸透性コラーゲン+ゼインン」の独自処方で抜群の染まり・色持ちを実現しました。スカルプDのヘアカラーでしっかり染めましょう。

スカルプD ボーテ ヘアカラートリートメントマロンブラウンの関連商品

スカルプD ボーテ ヘアカラートリートメントマロンブラウンを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。