スカルプD 10代目 スカルプシャンプー ドライ の解析結果

総合順位

1479

総合得点 5点満点

1.55
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
474811
  • スカルプD 10代目 スカルプシャンプー ドライ の詳細情報
  • アンファーの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 3084
  • [容量] 1ml
  • [参考価格] 1円
  • [1mlあたり] 約 1円
洗浄力
2.1
素材 
1.4
安全性
2.9
コスパ 
2.2
環境 
3.7
補修力
0.4
潤滑性
1.2
頭皮改善 
2.1
ツヤ 
0.8
持続性
2.4
感触 
2
育毛
1.8
洗浄剤
3

スカルプD 10代目 スカルプシャンプー ドライ の解説

[オイリータイプ]よりも、こちらのほうが洗浄力ありそうな・・



乾燥肌用のシャンプーといえば、まず脱脂力を抑えるのがイロハのイというものですが、

このシャンプーは同シリーズの[オイリータイプ]よりも脱脂力設定は高いのでは。

ココイルサルコシンNaあたりが加わっているあたりに、そういった印象を感じさせます。

ただ、それを除いては大部分が保湿剤で構成。

スーパーヒアルロン酸、アロエ、PCA-Na、セラキュートなどを配合。





乾燥肌用なのにクリサンテルムインディクム抽出液、イリス根、豆乳などの皮脂を抑制してしまう方向の成分はいかがなものかと思いますが、

皮脂は多いのに乾燥しがち、といったミックス肌な方もいるので合う・合わないは多少発生するでしょう。



洗浄剤自体の質は良いです。ただ、単純に乾燥肌だからこれがおすすめ、ということにはならないのですね。

わりとクセがあり、合わないと思ったらスパっとやめたほうがいいタイプでもあると言えます。

スカルプD 10代目 スカルプシャンプー ドライ の全成分

1ピロクトンオラミン

抗真菌作用をはじめ、皮膚糸状菌、酵母、グラム陽性菌・グラム陰性菌など幅広く殺菌・防腐作用を示す。pH6-7に調整する必要があり、逆にいえばピロクトンオラミン配合の製品はこの範囲のpHであることが推察される。ジンクピリチオンなど他の抗真菌剤よりも効果が高い。その殺菌効果の高さゆえ、頭皮・皮膚の常在菌を必要以上に滅してしまうことには注意したい。環状のヒドロキサム酸誘導体であるピロクトンとエタノールアミンによる塩である。

2グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

3アラントイン

別名で5-ウレイドヒダントイン、グリオキシジウレイドとも呼ばれる、抗炎症・抗刺激作用を有する成分。アルカリ性中では分解してしまうため、弱酸性下でしか使えません。牛の羊膜から発見された代謝中間体成分ですが、うじ虫の体液にも多く含まれ、壊死した細胞を取り除き、新しい細胞の生成を促進する作用などがある。

4豆乳発酵液

大豆イソフラボンを多く含み、女性ホルモン様作用を付与します。これにより、皮脂の抑制や、男性型脱毛の予防、保湿効果などを期待できる素材です。

5脂肪酸(C12-14)アシルアスパラギン酸Na液

6ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン

コカミドプロピルベタインのこと。両性界面活性剤で、粘度調整・洗浄力の調整、泡質の改善やコンディショニング作用の付与。

7ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

8ヤシ油脂肪酸サルコシンNa液

アミノ酸系洗浄剤の一種ですが、歯磨き粉に殺菌成分として配合されることが多い成分でもあります。つまり、アミノ酸系といいながら性格的にはきつめであり、脱脂力と殺菌性で通常の頭髪には必ずしも喜ばしい洗浄剤とはいえません。

9アルキルカルボキシメチルヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタイン

表示名称ココアンホ酢酸Na。大変マイルドで他の洗浄剤の刺激性を抑制する働きなどがあります。単体では泡立ちや洗浄性が弱い。

10ヤシ油脂肪酸N-メチルエタノールアミド

11ホウセンカエキス

抗アレルギー作用・かゆみ防止・抗アトピー作用といった皮膚に良好な作用を示す。また、テストステロン5α-リダクターゼ阻害作用もあることから、育毛目的にも配合される。

12ニンジンエキス

・ニンジン抽出液はオタネニンジンのエキスで、多くのサポニンを含み育毛・血流促進作用を付与。

13イリス根エキス

・イリス根エキスはシロバナイリスの根茎のエキスで、イソフラボンを含有し女性ホルモン様作用を示す。美白、抗老化、育毛作用など。

14バンジロウ葉エキス

・バンジロウ葉エキス=グアバ葉エキス。保湿、抗炎症、抗酸化効果を付与。

15アルテロモナス発酵エキス

・アルテロモナス発酵液は即効性のある保湿効果を実現。

16ステアロイルフィオスフィンゴシン

17クリサンテルムインディクム抽出液

18フィトスフィンゴシン

本来の皮膚正常細菌叢を阻害する微生物を減らす ・赤く炎症を起こした頭皮の鎮静化、修復

19ヒアルロン酸Na-2

20アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム

通常のヒアルロン酸の2倍という保湿力を持つ、グリセリンなどに可溶なヒアルロン酸誘導体。

21水溶性コラーゲン液

コラーゲンの形をそのままに水に溶解させたのがこの水溶性コラーゲンです。魚の骨や皮、うろこを原料として、匂いが少なく吸収性が高いのが特徴です。

22アロエエキス-2

23イノシット

24DL-PCA-Na

25

26水添大豆リン脂質

27コレステロール

羊毛脂由来の成分で、ラノリンに多く含まれる。保湿効果を付与。

28ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

世界初ジェミニ型(双子型)両親媒性物質・通称ペリセア。洗浄剤の刺激緩和のほか、髪のコーティング、有効成分の浸透補助、髪の強度アップなど多岐にわたる効果を発揮。毛髪内部に極めて短時間(約1分!)で浸透しダメージ修復。肌のキメを整える美肌効果も。

29ヤシ油脂肪酸加水分解ケラチン液

30水溶性ツボクサエキス

31グリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバメート

32メタクリル酸ステアリル共重合体

33N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-アルギニンエチル-DL-ピロリドンカルボン酸塩

34BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

35ソルビトール液

36グリセリンエチルヘキシルエーテル

371

382-ペンタンジオール

39濃グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

40オレンジ油

・油を分解する効果が高いオレンジ油配合。 香りも特徴ですが、脱脂力がややプラスされる点も考慮しましょう。

41ユーカリ油

42ラベンダー油

シソ科ラベンダーの葉茎から得られるオイルです。鎮痛・リラックス効果・抗炎症・抗菌作用などを付与します。ただし、酸化により接触アレルギーを起こす可能性もある。

43セージ油

44ローマカミツレ油

45エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

46無水エタノール

無水エタノールとは、エタノールを99.5vol%以上含有するということです。消毒用エタノールは76.9~81.4vol%含有。

47ヒドロキシエタンジホスホン酸液

販売元による宣伝文

【薬用シャンプー】スカルプD 10代目 スカルプシャンプー ドライ[乾燥肌用]【医薬部外品】【こんな人におすすめ】頭皮がカサつく、頭皮がつぱった感じがする、髪にボリュームとコシを出したい【6つのフリー処方】パラベンフリー、石油系界面活性剤フリー、ノンシリコン、合成着色料フリー、合成香料フリー、フェノキシエタノールフリー【効果・効能】毛髪・頭皮を清浄にする、ふけ・かゆみを防ぐ、毛髪・頭皮を健やかに保つ、毛髪・頭皮の汗臭を防ぐ

スカルプD 10代目 スカルプシャンプー ドライ の関連商品

スカルプD 10代目 スカルプシャンプー ドライ を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。