ラックス ヘアサプリメント スムースナー トリートメントの解析結果

ラックス ヘアサプリメント スムースナー トリートメント

総合順位

2076

総合得点 5点満点

1.02
成分数エキス系特効ダメ
37000
  • ラックス ヘアサプリメント スムースナー トリートメントの詳細情報
  • ユニリーバ・ジャパンの関連商品
  • [JANコード] 4902111758862
  • [商品ID] 7304
  • [容量] 450ml
  • [参考価格] 902円
  • [1mlあたり] 約 2円
ラックス ヘアサプリメント スムースナー トリートメント解析チャート

ラックス ヘアサプリメント スムースナー トリートメントの解説

安っぽいコンディショナーにアミノ酸を加えただけ

お世辞にも高くない品質

商品名や宣伝文を聞くと、いかにもダメージを補修してくれそうな気がしますね。

アミノコンプレックスEX配合とか、ヘアサプリメントなどという文言を聞けば誰でもダメージを直すことができるんだ!と感じるのは当然です。

しかしながら、内容をよく見ていくと理想とはかけ離れた状況であることがわかります。

どこにでもあるコンディショナーと変わらない

端的に言ってしまえば、ラックスらしいコンディショナー。という感じです。

ダックスのイメージやこれまでの製品の感じがそのまま引き継がれていると見て良いでしょう。

ヘアサプリメント的な要素や、アミノコンプレックスEX?何それ効きそう!というイメージとは裏腹に、単純なコンディショナーの処方に終始しているだけです。

シリコンやカチオン界面活性剤のベースに蓄積性の高いアモジメチコンの配合あり、鉱物油のパラフィンによる艶出しを狙っている部分や、アニオン界面活性剤のドデシルベンゼンスルホン酸TEAまで配合。

改めて端的に言うと、安っぽいユニリーバらしいコンディショナーという以上のものではありません。

ケラチンアミノ酸をはじめとしたアミノ酸各種の配合が特別珍しかったり、ゴージャスなリペア機能を提供するわけでもなく、ありきたりなコンディショナーのクオリティというのがポイントです。

完全に名前負けしている、というのが第一印象で、これではろくにコンディショニング効果も得ることができないのでは。

ユニリーバらしいと言えばそれまでですが、限りなくコストを抑えた状態で作られた、というのが否応なしに伝わってくる処方です。

前述したように、アモジメチコンなどの比較的ビルドアップしやすい素材の存在もあり、使うほどにより質感が悪くなる部分がある、ということも考慮する必要があるでしょう。

どこを見ても、(絶対に使うなというほどひどいわけではありませんが)商品名から連想するような効果を得られるとは思えない低品質なコンディショナーであるか、ラックスらしいコンディショナーという以上でも以下でもありませんね。

ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。
ベヘントリモニウムクロリド
防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。
フェノキシエタノール
末端がアミノ基で修飾されたシリコーン重合体。髪への吸着性が高く、しっとりした感触が持続的に付与されます。
アモジメチコン
オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。
ステアリルアルコール
肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。
グリセリン
エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。
EDTA-2Na
真菌に対し特に効果の高い防腐剤
ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル
ケラチンアミノ酸

期待値の低いコンディショナー。



ラックスクオリティ。

販売元による宣伝文

●使うたび髪にアミノ酸(※1)&うるおい補給。
●アミノコンプレックスEX(※1)配合。 細くて絡まるダメージヘアに。ケラチンアミノ酸(補修成分)とグリセリン(保湿成分)配合。
●ほんのり香る、微香性。爽やかな、ウォーターグリーンの香り
●ヘアサプリ by ラックス全シリーズと一緒にご使用いただけます。