ラックス スーパーリッチシャイン アフターサロン カット後用トリートメントの解析結果

ラックス スーパーリッチシャイン アフターサロン カット後用トリートメント

総合順位

1766

総合得点 5点満点

1.62
成分数エキス系特効ダメ
32000
  • ラックス スーパーリッチシャイン アフターサロン カット後用トリートメントの詳細情報
  • ユニリーバの関連商品
  • [JANコード] 4902111756479
  • [商品ID] 7301
  • [容量] 180ml
  • [参考価格] 998円
  • [1mlあたり] 約 5.54円
ラックス スーパーリッチシャイン アフターサロン カット後用トリートメント解析チャート

ラックス スーパーリッチシャイン アフターサロン カット後用トリートメントの解説

カット後用の意味がわからない

アフターカット用のトリートメント、その心は?

カット後に使う専用トリートメント?とのことですが、カット後だからといって特別何か仕込みがあるというわけではなさそう。

内容的にはラックスによくあるコンディショナーとほとんど変わらないような処方です。ものすごく品質が悪いということはないですが、これのどこがカット後用なのかという疑問は禁じえません。

ヒアロベールやイソ酪酸酢酸スクロースなどによってある種のベールで髪を包む効果こそあれど、ラックスの他の製品とここらへんは代わり映えしません。

肌に特別優しいこともなく、リペア機能や潤滑性が高いわけでもなく、そこそこ滑りは出るもののトリートメントというほど影響力は高くなさそうです。

カット後にあえて選ぶだけの理由なし

言うなればどこにでもあるコンディショナーと同じです。もっと言えば、ラックスの他のコンディショナーと変わらないですから、わざわざコストパフォーマンスの悪いこっちを選ぶ必然性も感じません。

カット後うんぬんというより、髪の状態をどうしたいのか、という観点で商品を選ぶのが良いでしょう。

ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。
ベヘントリモニウムクロリド
防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。
フェノキシエタノール
末端がアミノ基で修飾されたシリコーン重合体。髪への吸着性が高く、しっとりした感触が持続的に付与されます。
アモジメチコン
・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。
安息香酸Na
オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。
ステアリルアルコール
ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。
ジメチコン
肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。
グリセリン
エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。
EDTA-2Na
加水分解ヒアルロン酸
イコセン酸が7割以上を占める独特な組成のオイルで、油性感の少ない軽い感触のオイルです。人の皮脂に近い特徴があり、液状のため非常に使用感がなめらかなオイルです。
ホホバ種子油
酸化に対して安定な多価アルコール脂肪酸エステルで、べたつかない軽い感触を与える。
トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル

カット後に使う理由が見いだせない



普通のコンディショナーと大差なし

販売元による宣伝文

●新提案 カット後 美しい毛先が続くアフターサロンケア
●サロンでカットしたばかりの髪、そのままにしていませんか?
●補修だけではなく、美髪を保つという選択。
●SPLIT PREVENTION FORMULA。独自処方が枝毛や切れ毛を防いで、美しい毛先を保つ。
●30年間の研究を経て進化したラックス。毎日のケアで内側からツヤめく輝き髪へ
●朝摘み果実とウォーターブロッサムを感じさせる香り