h&s for men ボリュームアップコンディショナーの解析結果

総合順位

794

総合得点 5点満点

2.09
  • 販売元プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社
  • 英名P&G
  • 郵便番号〒6510088
  • 住所:神戸市中央区小野柄通7-1-18
  • 電話番号0783366000
  • メール
  • web公式サイト
成分数エキス系特効ダメ
13000
  • h&s for men ボリュームアップコンディショナーの詳細情報
  • P&Gの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 551
  • [容量] 520ml
  • [参考価格] 980円
  • [1mlあたり] 約 1.88円

h&s for men ボリュームアップコンディショナー解析チャート

h&s for men ボリュームアップコンディショナーの解説

殺菌とほのかなコンディショニング効果。



コンディショニング効果が少なく、殺菌力が強く(しかも古びた手法で無駄に刺激)、何故か値段はそこそこ高いという、

全く理解に苦しむ内容で驚きです。

男子はリンスをあまり必要としないからでしょうか。

それにしたって、もう少しなんとかなりそうなもの。

こんなもの使わない方がまだ髪に負担がなく、美しくなれます。

h&s for men ボリュームアップコンディショナーの全成分

1ジンクピリチオン液

有機亜鉛錯体のことで、主に殺菌効果を目的に配合されます。フケ対策系の製品にも頻出することからも推察されるように、防カビ効果を目的に使われる素材でもあります。

2精製水

3L-グルタミン酸

4ステアリン酸ジメチルアミノプロピルアミド

別名ステアリン酸ジメチルアミノプロピルアミド。3級カチオン界面活性剤です。肌刺激性が低く、生分解性も4級カチオン界面活性剤に比べ良い素材で、かつ他の3級カチオン界面活性剤に比べまとまり感が得られやすい。

5セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

6ステアリルアルコール

オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。

7メチルクロロイソチアゾリノン・メチルイソチアゾリノン液

8ベンジルアルコール

芳香族アルコールの一種で、空気中で酸化されると安息香酸になる。各種溶剤としてや芳香性の良さから殺菌剤としても用いられる。 エステル化するとイランイランやジャスミンなどの香りの元となる酢酸ベンジルなどを作ることが可能。

9無水クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

10フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

11高重合メチルポリシロキサン(1)

12塩化ナトリウム

13香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

50年の研究により、地肌ストレスが一つでもあると、細く弱い髪になることを確認。独自の「地肌と髪リバイタル処方」が、過剰な皮脂を取りながらも、必要な潤いは残し地肌ストレスを取り除く。髪にハリとボリュームを与えながらもきしみません。

h&s for men ボリュームアップコンディショナーを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。