いち髪 濃密W保湿ケアコンディショナーの解析結果 | シャンプー解析ドットコム 

いち髪 濃密W保湿ケアコンディショナーの解析結果

販売開始から 0年1ヵ月19日
クラシエホームプロダクツ いち髪 濃密W保湿ケアコンディショナーをAmazonアマゾンで購入
楽天rakutenで購入
総合点2.37
2350個中589位
品質1.6 %
成分数37
1mlあたり1.6円 %
安全性5.5 %
エキス類5
詳細情報
  • いち髪 濃密W保湿ケアコンディショナーの詳細情報
  • [発売日]20220818
  • [JANコード] 4901417722447
  • [ランキング] 589位 2350個中/
  • [ポイント(5点中)] 2.37点
  • [ジャンル] T
  • [容量] 480ml
  • [参考価格] 770円
  • [1mlあたり] 約 1.6円
  • [商品ID] 8692
  • [ASIN] B0B4RV3PZG
  • [商品サイズ] 19.8x7.3x6.5
  • [商品重量] 550g
  • [成分数]37
  • [エキス類の数]5
  • [特に優れた成分の数]0
  • [要注意成分の数]0
販売元による宣伝文
●日本の髪を本質から考える。●日本の髪研究から生まれた和草のちからでダメージ補修&予防する予防美髪ケアシリーズ●艶やかで髪の動きさえも美しい、ほどきたくなる絹髪へ●補修&予防成分「純・和草プレミアムエキス」配合●モイストチャージ処方●サルフェートフリー処方●ほろ甘いあんずと上品な桜七分咲きの香り●パサつき、広がりが気になる髪も、しっとりまとまる艶やかで髪の動きさえも美しい、ほどきたくなる絹髪へ

関連商品
クラシエホームプロダクツ いち髪 濃密W保湿ケアコンディショナーをAmazonアマゾンで購入
楽天rakutenで購入
いち髪 濃密W保湿ケアコンディショナー解析チャート

いち髪 濃密W保湿ケアコンディショナーの解説

概要

  • 肌にマイルド
  • なめらか処方
  • 感触がレベち?

どんなメリットがある?

まず、いち髪 濃密W保湿ケアコンディショナーの利点として言いたいがマイルドであること

3カチ(3級カチオン界面活性剤)がベース、というよりそれすら添加というレベルで、かなり肌に対しての毒性は低いといえる処方です。

それなのに、感触、仕上がりが1段上のレベルというのがメリット。

なぜ1段上と言えるのか。

ポイントはPPG-1/PEG-1ステアラミン、ビスジグリセリルポリアシルアジペート-2、(ビスイソブチルPEG-14/アモジメチコン)コポリマーといった機能的に働く潤滑成分。

そこにツバキ油、米胚芽油、ワセリンなどが乗っかる形となり、スムースでシルキーな仕上がりが期待されるというわけです。

ややコストがかかる手法といえる作りなのに、お値段は市販品らしいお求めやすさ、というのもいち髪の魅力でしょう。

この価格帯、コスパで手に入るものとしては十分に満足行くレベルだと考えられます。

デメリットは?

ダメージ補修力が若干落ちる部分はあるかなと思います。

ただ、あくまでコンディショナーというカテゴリであることを考えると、十分に機能する内容といえるでしょう。

まとめ

ちょっとレベルが高めで、肌にやさしい、かつお財布にもやさしいコンディショナーとして、このいち髪はおすすめです。

よくあるコンディショナーよりは少しなめらかになるまでのタイムラグがありそうですが、最終的な仕上がりの良さはこちらのほうが上質となるでしょう。

時間をかけても肌に優しいというメリットも忘れてはいけません。

見れば見るほどよくできている、おすすめしたくなる一品でした。

クラシエホームプロダクツ いち髪 濃密W保湿ケアコンディショナーをAmazonアマゾンで購入
4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。タンパク変性作用が強いため、皮膚には付けるべきではありません。髪のダメージ部に吸着し、疎水性を改善させます。
ステアルトリモニウムクロリド
・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。結果的に、肌にマイルドといえる方法です。
メチルパラベン
防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。
フェノキシエタノール
末端がアミノ基で修飾されたシリコーン重合体。髪への吸着性が高く、しっとりした感触が持続的に付与されます。
アモジメチコン
・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。全ての化粧品に対して、安息香酸Al、安息香酸Naなどの安息香酸塩類の合計量は100g中に1.0gまで。
安息香酸Na
コメヌカエキス
チャ花エキス
コメヌカ油
ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。
ジメチコン
殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。
エタノール
肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。含有量95%以上のものを濃グリセリンと呼びます。
グリセリン
1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。
BG
フラボノイド配糖体(イソフラボン)を含み、女性ホルモン様作用を付与することで育毛効果を付与。
ヒオウギエキス
ポリフェノールの一種γ-オリザノールやリノール酸リッチなコメの胚芽オイルです。アンチエイジング、美白効果やリッチな感触が特徴
。
コメ胚芽油
ヒドロキシエーテル型4級カチオン界面活性剤。髪の濡れている時も、乾燥後も潤滑性を保持させる高コンディショニング作用が特徴です。
ベヘニルPGトリモニウムクロリド
線維芽細胞賦活作用などが期待できます。
ツバキ種子エキス
セリ科の明日葉のエキスです。ビタミンAやフラボノイドなどを含有し、セラミド産生促進作用や白髪抑制作用、血行促進作用を付与します。
アシタバ葉/茎エキス