アブリーゼ ナチュラルオーガニック シャンプー AC の解析結果

総合順位
1548
総合得点 5点満点
1.35
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
326801

アブリーゼ ナチュラルオーガニック シャンプー AC の詳細情報

[製造販売元] パシフィックプロダクツ

[商品ID] 1726
[容量]260ml
[参考価格]1890円
[1mlあたり] 約7.27
洗浄力
4.2

素材 

0.5

安全性
2.6

コスパ 

1.7

環境 
2.7

補修力

0.6

ツヤ 

0.5

感触 

0.5

育毛

0.2

洗浄剤
2

アブリーゼ ナチュラルオーガニック シャンプー AC の解説

粗っぽく、刺激性も懸念

値段を上げないために品質も落としたと思われる凡庸で魅力に欠ける内容。

オーガニックという名称に似つかわしくないギスギスした使用感が残念です。

極めて脱脂力が強く、かつ石鹸系成分も混在していることから、仕上がりの悪さは容易に予想できます。





エキス類の質は良いのですが、全体としてはやはり平凡で価値を見出すことが難しいと思わせる内容。

肌のためを思えば使わないほうが得策です。

もっと刺激が低く洗浄性も上品なものが同価格帯でもたくさんあるので、あえて選ぶ必要はないと見ます。

アブリーゼ ナチュラルオーガニック シャンプー AC の全成分

1

2オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

ラウレス硫酸ナトリウムなどと同等以上の脱脂力を持ち、起泡力も強い。仕上がりは典型的なさっぱり系で、コンディショニング作用はほとんど期待できずクレンジング目的・泡立ち増強の目的で配合される。

3コカミドDEA

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

4ココイルアラニンTEA

アミノ酸系アニオン界面活性剤です。コンディショニング効果を持ち、適度な洗浄性と安定した泡立ちが特徴。仕上がりはしっとり感やシルク系のさらりとした感触を残します。

5ココベタイン

6ココイルサルコシンTEA

アミノ酸系洗浄剤の一種ですが、歯磨き粉に殺菌成分として配合されることが多い成分でもあります。つまり、アミノ酸系といいながら性格的にはきつめであり、脱脂力と殺菌性で通常の頭髪には必ずしも喜ばしい洗浄剤とはいえません。

7ローズマリー葉エキス

抗菌・抗酸化作用・芳香を特徴とするローズマリー。ローズマリーは天然の保存料として用いられ、エイジングケアとしてもすぐれた効果。その他ローズマリーはリウマチやアレルギーにも効果が認められ民間薬として使用されています。

8トウキンセンカ花エキス

キンセンカの花から得たエキス。マリーゴールドと呼ばれる植物です。抗炎症効果が優れます。

9アルテア根エキス

ヨーロッパ原産のアオイ科植物のビロウドイオイの根より抽出したエキスです。抗炎症作用やヒアルロン酸分解酵素を抑制し肌の保湿力を高める働きがあります。

10カニナバラ果実エキス

ローズヒップの果実から得たエキスです。抗酸化作用を与えるビタミンを豊富に含みます。

11ゴボウ根エキス

牛蒡の根から抽出。抗炎症・血行促進作用を付与します。

12ビルベリー葉エキス

・ビルベリー葉エキスはGABA産生促進作用、抗炎症、抗シワ、ヒアルロン酸産生促進、メラニン生成抑制、保湿、抗酸化作用。

13アルガニアスピノサ核油

アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。

14ガリカバラ花エキス

整肌作用、保湿、消炎作用、抗菌作用を付与。

15ムラサキバレンギクエキス

別名エチナシ葉エキス。インディアンハーブとも呼ばれる北アメリカ原産の多年草で、免疫力強化、抗菌・抗ウィルス・抗アレルギー効果を期待される。

16BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

17グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

18ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

19ココアンホ酢酸Na

皮膚との親和性に優れた両性界面活性剤。強い泡立ち。防腐剤フリーでベビーシャンプーにも適す。

20ココイルグルタミン酸TEA

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

21ヤシ脂肪酸TEA

・ヤシ脂肪酸TEAはヤシ油とアルカリによる石鹸成分であり、乳化剤としても添加されます。
使用感は良くても、石鹸という観点から感心できる配合とはいえません。

22PEG-20ソルビタンココエート

23オレス-10リン酸

24塩化Na

25クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

26エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

27カラメル

28クチナシ青

29トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

30安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

31フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

32香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

複合アミノ酸系・弱酸性シャンプー〉 -ノンシリコンタイプ- ●毛髪地肌保護成分として、オーガニック植物成分と自社農園で栽培したエキナセアエキス(ムラサキバレンギクエキス)をバランスよく配合した、オーガニックシャンプーです。●クリーミィで豊かな泡立ちで、髪年齢の気になる髪と地肌をいたわりながら洗い上げ、美しいツヤとハリのあるエレガントな髪とすこやかな地肌に仕上げます。 ●天然エッセンシャルオイルのナチュラルな香りが、心地よい安らぎをお届けします。

アブリーゼ ナチュラルオーガニック シャンプー AC を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。