ケラスターゼ RE バン ド フォルス の解析結果

総合順位

1907

総合得点 5点満点

0.95
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
365001
  • ケラスターゼ RE バン ド フォルス の詳細情報
  • ケラスターゼの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 2649
  • [容量] 250ml
  • [参考価格] 3024円
  • [1mlあたり] 約 12.1円

ケラスターゼ RE バン ド フォルス 解析チャート

ケラスターゼ RE バン ド フォルス の解説

脱脂力が過剰。

ともに強力な脱脂力が自慢のラウレス硫酸Naや酸性石鹸で構成されたシャンプーです。

少しばかり刺激性は緩和している面もありますが、平均よりずっと肌には負担の大きい部類に入るのは否めません。



さらに、カチオン界面活性剤などリンスインシャンプーさながらにミックスさせているため、

肌へのマイルドさという面ではますます疑わしいものに。



シンプルに言えば、頭皮のケアは二の次で、髪の感触改良が優先というタイプとみていいでしょう。

言うまでもなく頭皮の肌バリヤを取り過ぎる強脱脂性シャンプーですので、

日常的に使うのはオススメできません。

使った感触は良くても、頭髪の状態は確実に使うほど悪化させます。



それは、過度な脱脂によるキューティクルの損傷や、それに伴う髪のバリヤ成分の溶出、また頭皮においても乾燥肌のような状態を招く可能性を充分に考えられる内容であるためです。

可能なら、もっと質の良い製品を選ぶことをオススメしたいですね。

ケラスターゼ RE バン ド フォルス の全成分

1

2ラウレス硫酸Na

ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム塩。肌への浸透性はラウリル硫酸塩より低減しているが、洗浄力は同等に強い。泡立ちは最高級に強いが、必要以上に脱脂してしまうため肌や髪の乾燥を招きやすい。安価で作れる点が最も好まれているが、美容を考えたら歓迎できない成分である。

3ラウレス-5カルボン酸

酸性石けんと呼ばれる洗浄剤・アニオン界面活性剤。石けんといっても分類的には陰イオン界面活性剤であるが、使用感が石けんに似ているさっぱり系。石けんと違い酸性側でも安定して洗浄効果、起泡性を得られる。そして、肌に低刺激。

4ココアンホジ酢酸2Na

高濃度でマイルドな両性界面活性剤。毛髪や皮膚の酸性pH域でのコンディショニング効果。防腐剤フリー。

5塩化Na

6PG

プロピレングリコールのことです。湿潤・制菌作用があり、品質安定剤として使われます。石油由来の無色無臭成分で、香料・精油・樹脂などを溶解するためにも使われます。少量では人体に毒性なし。

7ジステアリン酸グリコール

コストが安いパール化剤。典型的な白色のパール化に用いられる処方が容易な素材。

8コカミドMIPA

ヤシ油脂肪酸のモノイソプロパノールアミド。非イオン界面活性剤で、泡立ちや洗浄力の補助剤として用いられる。

9ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

10ラウレス-8硫酸Na

11PPG-5セテス-20

12安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

13メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

14サリチル酸

強い殺菌性、抗炎症効果を持つ合成有機化合物です。皮膚刺激性がやや高いため、肌の弱い方にはリスクが大きめの成分ですが、ニキビ対策製品などに頻出します。同様に、フケの殺菌用としても用いられることがあります。

15ラウレス-8硫酸Mg

16ラウレス硫酸Mg

17エチルパラベン

18オレス硫酸Na

19ブチルフェニルメチルプロパナール

20アミルケイヒアルデビド

21オレス硫酸Mg

22ベンジルアルコール

芳香族アルコールの一種で、空気中で酸化されると安息香酸になる。各種溶剤としてや芳香性の良さから殺菌剤としても用いられる。 エステル化するとイランイランやジャスミンなどの香りの元となる酢酸ベンジルなどを作ることが可能。

23クオタニウム-87

ウェット時およびドライ時の櫛通りを改善する帯電防止効果、ボリューム感を付与する。植物由来。水に分散する。

24ヘキシルシンナマル

環式アルデヒド化合物で、合成香料の一種です。

25リナロール

26イソプロパノールアミン

27サリチル酸ベンジル

28オレアミドオクタデカンジオール

・オレアミドオクタデカンジオールはセラミドの代用品としてエモリエント効果付与。

29リモネン

30シトロネロール

31セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

32ベヘントリモニウムメトサルフェート

非常に効果的な4級カチオン界面活性剤です。毛髪のまとまりを向上させる。水に分散する。ソフトで快適な櫛通り。

33クオタニウム-33

クオタニウム-33はエチル硫酸ラノリン脂肪酸アミノプロピルエチルジメチルアンモニウム液(1)という名称で、18-MEA(18−メチルエイコサン酸)という髪のキューティクルを保護している脂質成分を多く含む、羊毛由来のコンディショニング成分です。髪の艶、キューティクルのめくれなどを接着剤のように防止し、髪を保護する役目を果たします。

34水酸化Na

35クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

36香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

カラー・パーマヘアで弱くなった髪をケアするレジスタンスシリーズ。ヘアカラーやパーマの繰り返しで弱った髪におすすめです。ヘアカラーやパーマで細く弱ってしまった髪を内側から補修してボリュームアップ!髪本来の健康で美しい髪に洗い上げるシャンプーです。

ケラスターゼ RE バン ド フォルス を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。