ケアトリコ トリートメントtype-Sの解析結果

総合順位
249位
総合得点 5点満点
2.54

ケアトリコ トリートメントtype-Sの詳細情報

[製造販売元] アリミノ

[商品ID] 358
[容量]230ml
[参考価格]2100円
[1mlあたり] 約9.13
素材
40%

安全性

10%

コスパ 

32%

環境 
52%
補修力
58%
ツヤ 
50%
感触 
80%

ケアトリコ トリートメントtype-Sの解説

バランスよく髪をリペア。


擬似セラミド、ケラチン、シルク、ウレア、レシチン、18MEAといった成分群が濃縮されている。


全体としてわずかに刺激性があるのが残念だが、トリートメントとしては能力はまぁまぁな方。


バランスはよいが、際だった補修能という点では目立たないかもしれない。


ケアトリコ トリートメントtype-Sの全成分

1

2セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

3グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

4ステアルトリモニウムクロリド

4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。タンパク変性作用が強いため、皮膚には付けるべきではありません。髪のダメージ部に吸着し、疎水性を改善させます。

5ミリスチルアルコール

1-テトラデカノール。乳化安定のために配合されたり、さらっとした感触を付与したいクリーム基材などとして配合。

6コハク酸ジオクチル

7シクロメチコン

8ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

9ベヘニルアルコール

皮膚刺激が少なく、粘度変化が少ないエマルションを形成する。

10ユーカリエキス

11アルゲエキス

海中・陸の淡水域に生息する藻類のエキス。保湿効果やDNA週副作用、コラーゲン生成作用などを期待。

12ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)

疑似セラミドです。セラミドを模倣した素材で、保湿効果を付与。

13加水分解ケラチン

14ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン

・カチオン化ケラチン配合で髪の強度をやや向上させます。

15(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク

シルクヒートプロテインです。持続性が高く、強固なコーティングを伴うシルク素材で、感触の改善やツヤ、髪の保護効果が高い。

16ヒドロキシエチルウレア

・ヒドロキシエチルウレアは低刺激の尿素誘導体で、持続性の高い保湿、キューティクル平滑効果を付与。

17水添レシチン

大豆リン脂質もしくは卵黄リン脂質に水素を添加した形。天然の界面活性剤であり、水素を添加してレシチンにありがちな臭いの問題をクリアにしています。経皮吸収促進作用や乳化分散作用を目的に配合。

18クオタニウム-33

クオタニウム-33はエチル硫酸ラノリン脂肪酸アミノプロピルエチルジメチルアンモニウム液(1)という名称で、18-MEA(18−メチルエイコサン酸)という髪のキューティクルを保護している脂質成分を多く含む、羊毛由来のコンディショニング成分です。髪の艶、キューティクルのめくれなどを接着剤のように防止し、髪を保護する役目を果たします。

19BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

20ベヘントリモニウムメトサルフェート

非常に効果的な4級カチオン界面活性剤です。毛髪のまとまりを向上させる。水に分散する。ソフトで快適な櫛通り。

21セトリモニウムメトサルフェート

4級カチオン界面活性剤です。このカテゴリの中で比較的皮膚刺激性が低いといわれます。ただし、3級カチオン界面活性剤ほどマイルドではないので、その中間程度のリスクと考えるべきでしょう。皮膚刺激性が多少ソフトながら、4級カチオン界面活性剤らしいコンディショニング効果(ダメージ部に吸着し、髪表面に疎水性を付与する)があります。

22クオタニウム-91

毛髪の保護、吸着性を与える植物由来のカチオン界面活性剤です。

23ジココジモニウムクロリド

四級カチオン界面活性剤。やや刺激性はソフト寄りだが、肌に直接つけることは好ましくない素材。髪に対してコンディショニング効果を速やかに与える。ダメージ部に選択的に吸着し、髪の疎水性を上昇させダメージの進行を抑制する効果。

24ラウリン酸スクロース

25セテス-20

26ラウラミノプロピオン酸Na

アミノ酸型の両性界面活性剤です。起泡性の強化や増粘作用、刺激緩和といった効果を期待して配合されます。

27ラウリン酸ポリグリセリル-10

親水性乳化剤。

28アモジメチコン

末端がアミノ基で修飾されたシリコーン重合体。髪への吸着性が高く、しっとりした感触が持続的に付与されます。

29ラノリン脂肪酸オクチルドデシル

30セテアリルアルコール

31クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

32クエン酸Na

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

331,2-ヘキサンジオール

34エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

35フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

36メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

37ブチルパラベン

38香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

【低刺激/天然両性系(天然ヤシ油由来)/弱酸性】-指通り抜群!軽さのある、やわらかい仕上がりへ-うるおいを与えながら、さらにうるおい成分で髪をコート!軽さのあるうるおい感を長時間保ちます。
髪の内部から補強しながら、ヘアカラーや縮毛矯正、パーマ後の髪に残った、ダメージ要因(残留酸化物)から髪を守ります。
ヘアカラー後の髪にもオススメ!さらに、ヒートプロテクト効果で、スタイリングの熱・摩擦から髪を守ります。
≪おすすめ髪質&悩み≫軟毛・細毛・ダメージ毛にお悩みの方に。
ヘアカラー後の髪に。
パーマやウェーブのふんわり感や、ボリュームアップしたい方に。
アリミノ ケアトリコシリーズのサロンケア効果をより長く保つと同時にまた、日常に潜むダメージの原因から髪を守ります。
美しい髪を楽しむための毎日のケアにおすすめです。
★品のある、トリコフローラルの香り

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。