ケアトリコ プリヴィ トリートメント スリムスルーの解析結果

総合順位

571

総合得点 5点満点

2.22
成分数エキス系特効ダメ
35210
  • ケアトリコ プリヴィ トリートメント スリムスルーの詳細情報
  • アリミノの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 1237
  • [容量] 210ml
  • [参考価格] 2100円
  • [1mlあたり] 約 10円

ケアトリコ プリヴィ トリートメント スリムスルー解析チャート

ケアトリコ プリヴィ トリートメント スリムスルーの解説

持続性を期待させるスムース感。

まずシリル化シルク配合で、熱でコーティングを強化する機能性を獲得。

それと、クパスオイルが抱水性の高いエモリエントオイル。水分を逃さない特徴。

クオタニウム−33は18-MEA的成分で、ツヤ、指通りを改善。

ラノリンもすこしですが配合。これも抱水性あり。

テトライソステアリン酸ペンタエリスリチルは油剤ですが潤滑性を高める効果。

ミリストイルメチルアミノプロピオン酸ヘキシルデシルも保湿や潤滑性のオイル。

その他はシリコーンオイルが種々配合となっております。

まとまると、高い抱水性を背景に指通りも改善が期待され、持続性のある滑らかさを与える目的を果たすことが出来る一品といえるでしょう。

最高級とまでは言えませんが、近いモノは体感できるのは間違いありません。

市販品とは一線を画す使用感、滑らかさですので、使う価値はあるでしょう。

ケアトリコ プリヴィ トリートメント スリムスルーの全成分

1

2セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

3セトリモニウムブロミド

4ステアリルアルコール

オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。

5ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

6テトライソステアリン酸ペンタエリスリチル

7(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク

シルクヒートプロテインです。持続性が高く、強固なコーティングを伴うシルク素材で、感触の改善やツヤ、髪の保護効果が高い。

8ミリストイルメチルアミノプロピオン酸ヘキシルデシル

・ミリストイルメチルアミノプロピオン酸ヘキシルデシルはアミノ酸型のエモリエント剤であり、難溶な素材の溶解性が従来品より優れる。

9コレステロール

羊毛脂由来の成分で、ラノリンに多く含まれる。保湿効果を付与。

10クオタニウム-33

クオタニウム-33はエチル硫酸ラノリン脂肪酸アミノプロピルエチルジメチルアンモニウム液(1)という名称で、18-MEA(18−メチルエイコサン酸)という髪のキューティクルを保護している脂質成分を多く含む、羊毛由来のコンディショニング成分です。髪の艶、キューティクルのめくれなどを接着剤のように防止し、髪を保護する役目を果たします。

11テオブロマグランジフロルム種子脂

・クパスオイル配合。抱水力はラノリン以上で、チョコレートの原料にも使われるリッチなオイルです。

12ガリカバラ花エキス

整肌作用、保湿、消炎作用、抗菌作用を付与。

13サトウキビエキス

・サトウキビエキスはイヌリンを含む高い保湿効果と角質柔軟作用を与えます。

14デキストリン

15シクロデキストリン

16クオタニウム-18

水に分散するコンディショニング剤。カラーリングの保護。スプレータイプの製品には乳化剤としても使用できる。

17アジピン酸ジイソプロピル

二塩基酸エステルオイルで、浸透性、溶解性がモノエステルよりも優れます。ベタつきの少ないさらっとした感触で、薬剤の溶解剤などとして用いられます。

18イソステアリン酸イソステアリル

19ジステアリルジモニウムクロリド

ソフトで滑らかなタッチの4級カチオン界面活性剤。帯電防止効果が優れる。

20ラノリン

洗い流さない製品では特にアレルギー・接触性皮膚炎を懸念される成分。保湿性が特徴。

21脂肪酸オクチドデシル

22シクロメチコン

23アモジメチコン

末端がアミノ基で修飾されたシリコーン重合体。髪への吸着性が高く、しっとりした感触が持続的に付与されます。

24イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

25ジココジモニウムクロリド

四級カチオン界面活性剤。やや刺激性はソフト寄りだが、肌に直接つけることは好ましくない素材。髪に対してコンディショニング効果を速やかに与える。ダメージ部に選択的に吸着し、髪の疎水性を上昇させダメージの進行を抑制する効果。

26ステアルトリモニウムクロリド

4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。タンパク変性作用が強いため、皮膚には付けるべきではありません。髪のダメージ部に吸着し、疎水性を改善させます。

27セテス-20

28PG

プロピレングリコールのことです。湿潤・制菌作用があり、品質安定剤として使われます。石油由来の無色無臭成分で、香料・精油・樹脂などを溶解するためにも使われます。少量では人体に毒性なし。

29BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

30クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

31クエン酸Na

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

32エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

33フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

34メチルイソチアゾリノン

パラベンよりもソフトと言われる防腐剤。ただ、パラベンよりも配合量を大幅に増やさないと効果が出ないため、それほどソフトとも言いきれない。

35香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

ケアトリコ プリヴィ スルイムスルーは、クセによるうねりや広がりやすい髪の方に。滑らかな指通りで、手の中におさまるまとまりを。うねりの原因である水分バランスの乱れを調整し、湿度の影響を受けにくい、毛先までまとまるつややかな髪に導きます。

ケアトリコ プリヴィ トリートメント スリムスルーを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。