ケアトリコ アフタートリートメント ローションの解析結果

総合順位

152

総合得点 5点満点

1.63
成分数エキス系特効ダメ
12000
  • ケアトリコ アフタートリートメント ローションの詳細情報
  • アリミノの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 351
  • [容量] 120ml
  • [参考価格] 2310円
  • [1mlあたり] 約 19.25円

ケアトリコ アフタートリートメント ローション解析チャート

ケアトリコ アフタートリートメント ローションの解説

ほぼ全体をシリコーン類で構成したヘアローションです。

ジメチコノールと、シクロメチコン、ジメチコン、PCAジメチコンという内容で、

ウエット時のきしみ軽減にも一役買うサラサラ効果。

さらに、ステアルトリモニウムクロリドも配合してコンディショニング効果を与えますが、洗い流さないトリートメントとしては4級カチオン界面活性剤の存在は刺激が強すぎ。

シリコンをどうしても髪に塗りつけたい、という方であっても、肌荒れを強く懸念すべき製品の1つであると認識すべきです。

機能的には、ステアルトリモニウムクロリドがダメージ部に吸着し、その上からシリコンが乗っかるという補修剤となりますが、

髪には狙いどおり作用しても頭皮や肌に負担の大きい一品です。

ケアトリコ アフタートリートメント ローションの全成分

1

2ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

3シクロメチコン

4ミリスチルアルコール

1-テトラデカノール。乳化安定のために配合されたり、さらっとした感触を付与したいクリーム基材などとして配合。

5グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

6ジメチコノール

水酸基が末端に結合しているジメチルポリシロキサンです。製品にシリコンを乳化させるために配合される乳化剤として働きます。また、ジメチコンと比べ高い櫛通り性、洗浄耐久性があります。

7ステアルトリモニウムクロリド

4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。タンパク変性作用が強いため、皮膚には付けるべきではありません。髪のダメージ部に吸着し、疎水性を改善させます。

8PCAジメチコン

ジメチコンに天然保湿因子ピロリドンカルボン酸を導入した素材。シリコーンのサラサラ感と、PCAのエモリエント作用を併せ持ち、皮膚への密着性を高めます。また、皮膚刺激性を緩和する作用も。

9エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

10ブチルパラベン

11メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

12香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

生活ダメージ(紫外線、ブラッシング、熱など)から髪を守り、潤いを与えながらまとまる髪に洗い流さないトリートメントプロフェッショナル用

ケアトリコ アフタートリートメント ローションを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。