広告

総合点

2.46

総合ランク

559個中 451

成分数

13

植物エキスの数

0

コスパ

0

安全性

0

素材の品質

0

使用感の良さ

0

エイジングケア

0

ホワイトニング効果

0

保湿効果

0

スキンケア力

<0

環境配慮

0

浸透力

0

即効性

0

持続性

0

ツヤ感

0

サラサラ感

0

特に優れた素材

0

注意が必要な素材

0

メーカー

資生堂

ブランド名

アクアレーベル

容量

130ml

参考価格

1620円

1mlあたり

12.5円

JANコード

4901872375752

KaisekiID

6073
アクアレーベル アクアエフェクターMO解析チャート
アクアレーベル アクアエフェクターMO解析チャート
広告

アクアレーベル アクアエフェクターMOの解説

最小限の機能性をもたせた化粧水

PEG/PPG-17/4ジメチルエーテルというアクアインプールと呼ばれる成分がメインであり、それ以外にほとんど要素のない化粧水です。
アクアインプールの作用、そしてその他の成分による効果で肌表面の潤滑性を手に入れることはできそうですが、それ以上の効能はあまりあるように見えず、「潤い成分でみずみずしくやわらかな肌に」という文言にはやや疑問符がつきます。

唯一の希望の光、といえるアクアインプール。この成分は、水になじむ部分と、油に馴染む部分を併せ持つことで肌へのすばやく保湿効果をなじませ、保つという役割が期待されます。例えばワセリンが100%油成分で、まさにフタをするような役割であるのに対し、アクアインプールは水の部分も持つことで水分バランスを維持するのが容易になるというメリットがありますね。

全成分上ではシンプルな内容になりますが、アクアインプールの機能性はいくつかの成分の代替になり得ているという見方ができます。
それを踏まえても、宣伝文を見て期待する効果と、実際の効果にはやや隔たりがあるように思います。
もう少し、美容的な効能が含まれていることを期待してしまいがちですね。
資生堂 アクアレーベル アクアエフェクターMOをAmazonアマゾンで購入

楽天rakutenで購入