アクアレーベル アクアエフェクターWTの解析結果 | シャンプー解析ドットコム 

アクアレーベル アクアエフェクターWTの解析結果

総合点2.49
411個中294位
品質2.1 %
成分数11
1mlあたり12.5円 %
安全性3.7 %
エキス類0
詳細情報
  • アクアレーベル アクアエフェクターWTの詳細情報
  • [発売日]
  • [JANコード] 4901872374335
  • [ランキング] 294位 411個中/
  • [ポイント(5点中)] 2.49点
  • [ジャンル] C
  • [容量] 130ml
  • [参考価格] 1620円
  • [1mlあたり] 約 12.46円
  • [商品ID] 6072
  • [ASIN]
  • [商品サイズ]
  • [商品重量] g
  • [成分数]11
  • [エキス類の数]0
  • [特に優れた成分の数]0
  • [要注意成分の数]0
    1. 販売元株式会社 資生堂
    2. 英名Shiseido Company, Limited
    3. 郵便番号〒1058310
    4. 住所:東京都中央区銀座7-5-5
    5. 電話番号0335725111
    6. メール
    7. web公式サイト
販売元による宣伝文
紫外線ダメージや乾燥などでゴワついた肌に、乳液後のパッティングでうるおいを押し込むように導入、肌のすみずみまでたっぷりうるおいます。
アクアレーベル アクアエフェクターWT解析チャート

アクアレーベル アクアエフェクターWTの解説

シンプル、が良い方向に働けばよいのだが

アクアインプール(PEG/PPG-17/4ジメチルエーテル)の配合で毛穴の目立ちを抑制する他、角層を最適な保水環境に保つ働きがある化粧水です。
ただ、ほぼこれだけといってもいいシンプルな内容であって、果たしてどれほど有効性があるか少し不安になりますね。
アクアインプールの作用、そしてそのたの成分による効果で肌表面の潤滑性を手に入れることはできそうですが、それ以上の効能はあまりあるように見えず、「肌の隅々までたっぷりうるおいます」という文言にはやや疑問符がつきます。

唯一の希望の光、といえるアクアインプール。この成分は、水になじむ部分と、油に馴染む部分を併せ持つことで肌へのすばやく保湿効果をなじませ、保つという役割が期待されます。例えばワセリンが100%油成分で、まさにフタをするような役割であるのに対し、アクアインプールは水の部分も持つことで水分バランスを維持するのが容易になるというメリットがありますね。
全成分上ではシンプルな内容になりますが、アクアインプールの機能性はいくつかの成分の代替になり得ているという見方ができます。

それを踏まえても、宣伝文を見て期待する効果と、実際の効果にはやや隔たりがあるように思います。
もう少し、美容的な効能が含まれていることを期待してしまいがちですね。

ごくシンプルな処方、実質1つの成分による効果を期待するものに。

資生堂 アクアレーベル アクアエフェクターWTをAmazonアマゾンで購入