無印良品 弱酸性リンスの解析結果

総合順位

1123

総合得点 5点満点

1.9
成分数エキス系特効ダメ
19100
  • 無印良品 弱酸性リンスの詳細情報
  • 良品計画の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 992
  • [容量] 400ml
  • [参考価格] 324円
  • [1mlあたり] 約 0.81円

無印良品 弱酸性リンス解析チャート

無印良品 弱酸性リンスの解説

ビスダイズ油/ナタネ種子油脂肪酸エチルヒドロキシエチルモニウムメトサルフェートという舌を噛みそうな成分が

カチオン性の保湿成分。

リノール酸・オレイン酸リッチな部分が高い保湿性とさらっとした感触を与えます。

ホホバも指通りを改善します。

リピジュアもヒアルロン酸の2倍という保湿性能と持続性を持ちます。

スベリヒユエキスも保湿効果があります。

やや珍しい成分も登場するリンスですが、

作用は可もなく不可もなく、リンスということに尽きる一品です。

まさに、平均的な出来といったものです。

無印良品 弱酸性リンスの全成分

1

2セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

3PG

プロピレングリコールのことです。湿潤・制菌作用があり、品質安定剤として使われます。石油由来の無色無臭成分で、香料・精油・樹脂などを溶解するためにも使われます。少量では人体に毒性なし。

4ステアリン酸グリセリル

5ビスダイズ油/ナタネ種子油脂肪酸エチルヒドロキシエチルモニウムメトサルフェート

6部分水添ホホバ油

7ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2

8水添ポリイソブテン

ワセリンやミネラルオイルのように炭化水素化合物でできた鉱物油の一種です。合成スクワランとも呼ばれるように、スクワランや環状シリコーンなどの代替としても使われます。無味無臭無色で、化学的に不活性なため肌刺激はありません。また増粘剤や油性基材とても使われます。

9ステアリン酸PEG-5

10ステアリン酸PEG-30

11ポリクオタニウム-51

2-メタクロイルオキシエチルホスホリルコリンとメタクリル酸ブチルとの重合体で、通称リピジュアです。生体適合性成分であり、高い安全性とヒアルロン酸を圧倒的に上回る保湿効果が特徴です。

12スベリヒユエキス

スベリヒエの葉、茎から得たエキス。保湿作用、抗炎症作用、抗菌作用の他、刺激緩和作用もあります。

13BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

14DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

15クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

16クエン酸Na

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

17メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

18プロピルパラベン

19香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

コンディショニング成分に植物性成分を使用。石けんシャンプーで洗った髪をなめらかに整えます。うるおい成分としてスベリヒユエキス、天然香料のオレンジオイルを配合。無着色・無鉱物油・アルコールフリー。

無印良品 弱酸性リンスを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。