メリット リンスのいらないシャンプー の解析結果

総合順位

1991

総合得点 5点満点

0.64

楽天でメリット リンスのいらないシャンプー を買う
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
324201
  • メリット リンスのいらないシャンプー の詳細情報
  • 花王の関連商品
  • [JANコード] 4901301350268
  • [商品ID] 2846
  • [容量] 480ml
  • [参考価格] 820円
  • [1mlあたり] 約 1.71円

メリット リンスのいらないシャンプー 解析チャート

メリット リンスのいらないシャンプー の解説

リンスは必要です。

強い脱脂力だけじゃない、コンディション悪化要素満載のシャンプー。


浸透こそしないものの強い脱脂力で頭皮や髪の表面を一掃するような洗浄剤ベース。

普通に見れば、リンスがいらないはずがないと考えるでしょう。

シリコンや油分などを添加しているとはいえ、コンディショニング作用を期待できるようなクオリティではありません。



良い点としては泡立ちが(汚れや整髪料の有無に関係なく)安定していることくらいで、

一般的な市販シャンプーがそうであるように強い脱脂力と使用感が売りであって、リンスがいらないほどマイルドとか、トリートメント要素が多いというわけではありません。



シリコンの配合などによって少しばかり滑り感が出るのは、気のせいです。

このシャンプーによって髪がしっかり補修されたから手触りが変わったのではありません。



実際には脱脂されすぎてダメージの方が進行していくと考えたほうが正しいでしょう。

メリット リンスのいらないシャンプー の全成分

1グリチルリチン酸ジカリウム

細胞レベルで抗炎症作用をもたらす甘草由来の素材。また、白血球内の免疫細胞を強化する働きもあるとされています。

2

3ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウム(1E.O.)液

ラウレス硫酸アンモニウムです。強い脱脂力、泡立ちが特徴で、やや感触はマイルドながらクレンジング力を発揮する。浸透性は低いので、皮膚刺激性はあまり心配がいらないが、肌の表面を強く洗浄することから、肌の弱い方の継続使用は控えるべき。

4ラウレス硫酸Na

ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム塩。肌への浸透性はラウリル硫酸塩より低減しているが、洗浄力は同等に強い。泡立ちは最高級に強いが、必要以上に脱脂してしまうため肌や髪の乾燥を招きやすい。安価で作れる点が最も好まれているが、美容を考えたら歓迎できない成分である。

5ラウリルヒドロキシスルホベタイン液

泡立ちがよく、低刺激性の洗浄剤です。単独で使われるのは稀で、メインの洗浄剤の補助的な役割で配合されます。

6エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

7POEステアリルエーテル

非イオン界面活性剤です。皮膚刺激がなく、高い乳化力を持ちます。

8ジステアリン酸グリコール

コストが安いパール化剤。典型的な白色のパール化に用いられる処方が容易な素材。

9グリセリンモノイソデシルエーテル

10PPG

11ユーカリエキス

12カモミラエキス-1

キク科カミツレの花エキスです。発汗作用、抗炎症、収斂、血行促進作用などを付与。

13DL-リンゴ酸

14POE(3)ラウリルエーテル

高い乳化力を持つ非イオン界面活性剤です。皮膚には安全で刺激がなく、ただし泡立ちありません。

15POE(4)ラウリルエーテル

16POE(16)ラウリルエーテル

17高重合ジメチコン-1

18塩化ポリプロピレングリコールヒドロキシプロピルトリモニウムセルロース液(2P.O.)

19塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース

ポリクオタニウム-10と呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

20塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液

・塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液はポリクオタニウム-7のことですね。
泡質を細かくする働きなど。

21ヤシ油脂肪酸エタノールアミド

22ラウリン酸

炭素数12の飽和脂肪酸。IUPAC系統名はドデカン酸。ヤシ油、ココナッツ油由来といえばこのラウリン酸を想像すると最も的確。

23POE(25)ラウリルエーテル

24軽質流動イソパラフィン

非常に軽いタッチの油剤です。残留感・ベタつきがなく、高い安定性を付与。

25BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

26水酸化カリウム液(A)

27水酸化ナトリウム液

28安息香酸塩

29リン酸

30エデト酸塩

31パラベン

32香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

●1本で時短。
●地肌すっきり、髪さらさら
●リンス成分※配合。※毛髪保護剤(高重合ジメチコンー1)
●髪と地肌と同じ弱酸性です。
●髪に汚れやホコリをつきにくくするダストシールド技術。
●地肌にうるおいをあたえ、すこやかに保ちます。
●ユーカリエキス・カモミラエキス・フルーツ酸配合(保湿剤)

メリット リンスのいらないシャンプー を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。