オルビス アクアストレートライン キープ&スムースジェルの解析結果

総合順位

456

総合得点 5点満点

2.34
成分数エキス系特効ダメ
17001
  • オルビス アクアストレートライン キープ&スムースジェルの詳細情報
  • オルビス(ORBIS)の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 1139
  • [容量] 80ml
  • [参考価格] 1050円
  • [1mlあたり] 約 13.13円

オルビス アクアストレートライン キープ&スムースジェル解析チャート

オルビス アクアストレートライン キープ&スムースジェルの解説

すすぎ時から指通りを改善する処方で構成。

ジメチコン、シクロペンタシロキサン、ミネラルオイルと続き、皮膜性の高い内容となっています。

その他は軽い保湿感となるので、

もうほとんどシリコンに頼ったライトなリンスといったところ。

何か題名からするととってもストレートをキープする性能が高いような印象を受けますが、

中身は至って普通な安いリンス以下の性能です。

それにしては、高すぎる。

オルビス アクアストレートライン キープ&スムースジェルの全成分

1

2エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

3ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

4エチルヘキサン酸セチル

水鳥の羽毛脂に似たエステルオイル、特に油性感が少ないさらっとした使用感。

5シクロペンタシロキサン

環状シリコーンであり、揮発性を有する。蒸発すると皮膜が形成されるタイプで、さらっとした軽い感触を残す性質がある。

6海塩

7ミネラルオイル

地下資源(石油、石炭、天然ガスなど)由来の炭化水素化合物で、いわゆる鉱物油・流動パラフィンと呼ばれる種類です。ワセリンも同じ鉱物油です。肌へは全く浸透しないため、肌刺激はありません。また、分子間に隙間がほとんどない構造のため、強い光沢感を得ることもできます。また、クレンジングオイルの基剤に用いられることもあり、強い油性でメイクを馴染ませ落とすことも得意です。ヘアケアでは光沢の強い油膜コーティングを施す目的で配合されることがあります。

8BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

9ミリスチン酸オクチルドデシル

油性感が少なく、さらとしたエステルオイルです。加水分解・酸化に耐性が高い。

10アミノプロピルジメチコン

ジメチコンの一部をアミノプロピル基で置換したもの。

11PEG-60水添ヒマシ油

可溶化を目的に配合。低刺激。水系での透明処方に適す。

12セテス-30

13乳酸Na

14カルボマー

カルボキシビニルポリマーのこと。水溶性増粘剤で、1%以下の配合で粘度をコントロールできる。耐塩性がやや低い。

15アクリル酸アルキルコポリマー

16ポリクオタニウム-11

ビニルピロリドン・N,N-ジメチルアミノエチルメタクリル酸共重合体硫酸塩液という名称のカチオンポリマーです。ヘアワックス、ローション、ジェルなどに利用されます。

17TEA

トリエタノールアミンです。主にアルカリ剤として使われますが、この成分単独では発がん性物質を誘発する懸念があると言われたことがあったため、日本製の製品ではあまり登場しない成分です。ただし、発がん性に関しては通常の利用場面では起こりづらいケースであり、この成分が即NGとは言い切れないが、より安全性を高めた素材がチョイスされることに関しては歓迎であろう。

販売元による宣伝文

タオルドライ後の髪に使って、シャンプー直後のパーフェクトなストレートをそのままキープさせるスタイリングジェル。髪のねじれをまっすぐ整えてコーティング。はねない、広がらない、理想のツヤツヤストレートヘアに。つるんとなめらかな仕上がりです。光を集めて正反射するツヤ成分のクリスタルコート成分がくせ毛特有のキューティクルの凸凹をなくし、ツヤツヤの髪に。さらに、ヒート&ストレスケア成分が、ドライヤーの熱から髪を保護。保湿成分マリンミネラルが枝毛、切れ毛、パサつきを防止します。

オルビス アクアストレートライン キープ&スムースジェルを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。