ディーセス アウフェ シャンプー ベースバランス B の解析結果

総合順位

1634

総合得点 5点満点

1.28
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
343110
  • ディーセス アウフェ シャンプー ベースバランス B の詳細情報
  • ミルボンの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 2128
  • [容量] 680ml
  • [参考価格] 4410円
  • [1mlあたり] 約 6.49円
洗浄力
3.1
素材 
-0.6
安全性
1.6
コスパ 
1.7

環境 

1.3

補修力
0.6
潤滑性
0.1
頭皮改善 
0.4
ツヤ 
0.3
持続性
2.2
感触 
0.2
育毛
0.9
洗浄剤
3.9

ディーセス アウフェ シャンプー ベースバランス B の解説

洗浄力は若干、このシリーズではマイルド。コンディショニング効果重視はそのまま。

ディーセスと比べてラウリル硫酸がない、かなりマニアな成分が使われている、シリコンを含むなどの特長があり、洗浄力はやや緩和され、ダメージヘアを考慮したつくりになっています。

製品自体の洗浄力は高いですが、洗いあがった時点でそれはあまり感じないと思います。各種アミノ酸やシリコンの影響です。

ただ、値段の割りにそこまでいいシャンプーでもないと思います。



それなりの額を支払うにしては気の利かない洗浄剤ですし、コンディショニング効果も充分に納得できるほど質の高いものではなく、

全体的に中途半端なクオリティであるな、と見ます。

ディーセス アウフェ シャンプー ベースバランス B の全成分

1

2ラウレス硫酸Na

ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム塩。肌への浸透性はラウリル硫酸塩より低減しているが、洗浄力は同等に強い。泡立ちは最高級に強いが、必要以上に脱脂してしまうため肌や髪の乾燥を招きやすい。安価で作れる点が最も好まれているが、美容を考えたら歓迎できない成分である。

3ラウラミドフ゜ロヒ゜ルヘ゛タイン

4コカミドメチルMEA

・コカミドメチルMEAは、一般的なコカミドDEAより起泡性や持続性・泡量が優れる。

5ココイルリンコ゛アミノ酸Na

6PG

プロピレングリコールのことです。湿潤・制菌作用があり、品質安定剤として使われます。石油由来の無色無臭成分で、香料・精油・樹脂などを溶解するためにも使われます。少量では人体に毒性なし。

7ラウレス-16

ラウリルアルコールのポリエチレングリコールエーテルです。主に乳化剤として利用されます。

8ラウロイルシルクアミノ酸Na

シルク系洗浄剤として、非常に低刺激でコンディショニング効果の高さもありながら、泡質・泡持ちも良い高級素材です。シルクらしい仕上がり感というのもありますが、一番は低刺激性や使用感の良さがメリットといえるでしょう。

9ホホハ゛ワックスPEG-80

10甘草エキス

11オクトキシグリチル

12PEG-15ココホ゜リアミン

13ホ゜リクオタリウム-10

14コカミドフ゜ロヒ゜ルヘ゛タイン

15セテアレス-7

16セテアレス-13

17塩化Na

18酢酸Na

19アミノエチルアミノフ゜ロヒ゜ルメチコン/ジメチコンコホ゜リマー

20グリセリルウンテ゛シルジメチコン

21酢酸

22リン酸

23グリセリル

24ヘキシレングリコール

25エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

26水酸化Na

27BHT

ジブチルヒドロキシトルエン。脂溶性フェノールであり、酸化防止剤として化粧品では使われる。変異原性、催奇性を疑われており、食品などでは使用を自粛している会社もある。

28EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

29エチドロン酸

30ヘ゛ンテト酸5Na

31メチルクロロイソチアソ゛リノン

32メチルイソチアソ゛リノン

33メチルハ゜ラヘ゛ン

34香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

毛髪内部にトリートメント成分を取り込みやすくする。ゴワつく・硬い  うねって広がる・熱作用で硬くなっている    くせ毛・矯正毛に

ディーセス アウフェ シャンプー ベースバランス B の関連商品

ディーセス アウフェ シャンプー ベースバランス B を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。