ビオレu アロマトリートメント ボディウォッシュ オリエンタルバニラの香りの解析結果

ビオレu アロマトリートメント ボディウォッシュ オリエンタルバニラの香り

総合順位

140

総合得点 5点満点

1.12
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
324010
  • ビオレu アロマトリートメント ボディウォッシュ オリエンタルバニラの香りの詳細情報
  • 花王の関連商品
  • [JANコード] 4901301321497
  • [商品ID] 6142
  • [容量] 480ml
  • [参考価格] 632円
  • [1mlあたり] 約 1.32円

ビオレu アロマトリートメント ボディウォッシュ オリエンタルバニラの香り解析チャート

ビオレu アロマトリートメント ボディウォッシュ オリエンタルバニラの香りの解説

石けんよりはこちらの方がベター

酸性石けんと呼ばれるラウレス酢酸Naと、ご存知ラウレス硫酸ナトリウム&アンモニウムによる洗浄ベース。



これは、石けんと決定的に違う点として弱酸性に調整できることが挙げられます。



そして、肌の奥からバリアを溶かし出すとうなマネをしないという利点も(石けんは溶かし出す)。





確かに洗浄力は抜群ですが、あくまでも肌の表面的にしか作用しないため、肌を刺激したり、肌老化を加速させるリスクは小さいといえるでしょう。(そう、石けんに比べればずっと)





ただ、良い点ばかりではなく、余計な感触改良材が多いなぁという印象もあります。



むしろ、これらの添加剤により刺激のほうが少し心配があるように思えます。





また、浸透しない洗浄剤とはいえ、敏感肌のように既に肌バリアが壊れている方にはこの製品とて不向きです。





そういったポイントを抑え、さっぱり系で肌をそれほど痛めつけないボディソープをお探しの方に向いている商品でした。 ラウレス硫酸ナトリウムに良い印象をもたれる方は少ないと思いますが、

石けんボディソープに比べればこの商品のほうがずっとマシです。

ビオレu アロマトリートメント ボディウォッシュ オリエンタルバニラの香りの全成分

1

2ラウレス-4カルボン酸Na

3ラウレス硫酸アンモニウム

4ラウリルグルコシド

5ラウラミドプロピルベタイン

6エタノール

7ジステアリン酸グリコール

8ベタイン

9ラウレス-16

10ラウレス硫酸Na

11コカミドMEA

12ラウレス-4

13塩化Na

14硫酸(Al/K)

15ポリグリセリン-3

16グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド

17ポリクオタニウム-6

18ポリクオタニウム-39

19PEG-65M

20ラウリン酸

21PG

22エチルヘキシルグリセリン

23リンゴ酸

24クエン酸

25水酸化Na

26安息香酸Na

27フェノキシエタノール

28香料

29黄4

30赤106

31赤504

32緑3

販売元による宣伝文

お風呂上がり、すぐに保湿ケアがいらないくらい、うるおい続ける肌に導く、天然アミノ酸系美容液成分配合のボディウォッシュです。「SPT(肌清浄化技術)」採用で、肌のうるおいを守り、汚れはきちんと落とします。オリエンタルバニラの香り。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。