アルジェラン オーガニック 低温抽出カモミール スカルプ シャンプーの解析結果

総合順位

1803

総合得点 5点満点

1.12

楽天でアルジェラン オーガニック 低温抽出カモミール スカルプ シャンプーを買う
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
4531800
  • アルジェラン オーガニック 低温抽出カモミール スカルプ シャンプーの詳細情報
  • カラーズの関連商品
  • [JANコード] 4571242812745
  • [商品ID] 6476
  • [容量] 500ml
  • [参考価格] 1625円
  • [1mlあたり] 約 3.25円

アルジェラン オーガニック 低温抽出カモミール スカルプ シャンプー解析チャート

アルジェラン オーガニック 低温抽出カモミール スカルプ シャンプーの解説

似非オーガニックの手法にありがちな製品

オーガニック、天然由来ですよ〜、と謳っておいて、随分とイメージの違う使用感



ラウレス硫酸ナトリウムじゃないですよ、オレフィンスルホン酸Naですよという罠

結局、石油系界面活性剤不使用とか、天然由来オーガニックとか、この手の謳い文句は褒め言葉にはなりません。

1つの基準にはなりますが、だから何?という程度の違いしか生まないケースがほとんど。

ラウレス硫酸ナトリウムを使っていないからといって、

オレフィンスルホン酸ナトリウムをしれっとベースに据える。

この手法は非常によく見られるオーガニック系シャンプーの常套手段ですが、

消費者にとってメリットがある要素とは言えません。



ほとんど使用感も仕上がりもラウレス硫酸ナトリウムと酷似した成分であり、

脱脂力の強さから判断すれば、肌に優しいオーガニック系とは程遠い現実です。



コンディショニング効果もなく、粗雑な使用感であり市販品のかなりやすいタイプのシャンプーに近いものがあると言えるでしょう。



植物エキスの配合は確かに目を引く部分はあります。

ただし、全体からすると影響力は低い要素の一つでしかなく、

大部分の軸となっている部分は非常に安っぽい品質と言って過言ではないでしょう。



大事な人におすすめしたいシャンプーとは言えません。

アルジェラン オーガニック 低温抽出カモミール スカルプ シャンプーの全成分

1

2オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

ラウレス硫酸ナトリウムなどと同等以上の脱脂力を持ち、起泡力も強い。仕上がりは典型的なさっぱり系で、コンディショニング作用はほとんど期待できずクレンジング目的・泡立ち増強の目的で配合される。

3アロエベラ液汁

4コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

5コカミドDEA

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

6プロパンジオール

炭素数3のグリコールです。異性体にプロピレングリコールがあります。抗菌・保湿剤として用いられ、安全性が高いと言われていますが、実は天然由来を謳うわりにBGやPGとさほど危険性は変わらない可能性があると言われている。

7カミツレ花エキス

アピゲニン含有、ヒスタミンの遊離抑制により抗炎症作用を示す。

8ローズマリー油

シソ科ローズマリーから抽出したエッセンシャルオイルです。精神を高揚させる作用や、集中力アップ、育毛効果などがあると言われています。

9ベルガモット果実油

10オニサルビア油

11ローマカミツレ花油

12エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

13ローズマリー葉エキス

抗菌・抗酸化作用・芳香を特徴とするローズマリー。ローズマリーは天然の保存料として用いられ、エイジングケアとしてもすぐれた効果。その他ローズマリーはリウマチやアレルギーにも効果が認められ民間薬として使用されています。

14ソルビトール

15オレンジ果皮油

オレンジの果皮から得たオイルで、ビタミンA,B,C,Eやフラボノイドなどを含有し、美白作用、殺菌作用、整肌作用などを付与する。また、脱脂力も有するのでクレンジングの助剤として使われることも。原液でなければさほど心配いらないが、光毒性を僅かに持つためにその点は注意が必要。

16クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

17セイヨウノコギリソウエキス

セイヨウノコギリソウは全草が薬用部分で、その精油はアズレンを含み消炎作用があります。また、収れん作用、老化の原因である活性酸素を抑える抗酸化作用や殺菌、抗男性ホルモン作用を付与。

18グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド

カチオン性の毛髪保護剤ですが、あまり効果が高くありません。

19ボウシュウボク葉油

20ポリクオタニウム-7

塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液で、コンディショニング効果を付与する他に泡質をきめ細かく増加させる機能があります。

21セイヨウサンザシ果実エキス

ヨーロッパ、アフリカ原産のバラ科の植物セイヨウサンザシ(中国では山査子)から得たエキス。フラボノイドやビタミンなどを含有し、抗酸化、抗炎症、皮膚コンディショニング、保湿、収れん、美白効果などを付与。

22塩化Na

23ユーカリ葉油

24EDTA-4Na

エデト酸四ナトリウム。金属イオンのマスキング、キレート作用を目的に配合されます。製品安定剤として用いられますが、やや刺激性の面でリスクがあり、安全性を重視した製品では採用されにくいタイプです。

25キュウリ果実エキス

ビタミン類、リンゴ酸、クエン酸などを含むエキスです。優れた保湿作用や抗酸化作用も付与します。

26グレープフルーツ果皮油

天然防腐剤として使われることの多い成分ですが、実は光毒性があり、一般的な防腐剤よりもリスクの大きい素材です。

27グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

28セージ葉エキス

シソ科セージの葉抽出エキス。抗菌作用、血行促進作用、収れん作用などを与えます。

29ビターオレンジ葉/枝油

プチグレン油とも呼ばれます。ミカン科ビターオレンジの葉枝から得たエキス。温和な抗菌作用や芳香が特徴です。

30ペンチレングリコール

1,2-ペンタンジオールとも呼ばれます。グリセリンとも近い多価アルコールというカテゴリの成分で、BGよりも低濃度で必要な殺菌性を得ることができるため、比較的安全性を売りにする製品に採用される傾向があるようです。また、さらっとしたベタつきのない使用感も特徴。

31タチジャコウソウ花/葉エキス

シソ科植物でタイムというハーブの名称の方が知られているかもしれません。防腐・殺菌作用をはじめ、血行促進、抗酸化作用を付与します。

32カプリル酸グリセリル

・カプリル酸グリセリル、これだけで防腐剤として使われたりもしますが、単独ではやや弱いので配合量が多くなったりする可能性も。

33アボカド油

オレイン酸を主とするトリグリセライド。エモリエント作用を付与。

34香料

香りづけ。

35ヨーロッパブナ芽エキス

36カニナバラ果実油

ローズヒップ油と呼ばれます。ビタミンCを豊富に含み、抗酸化作用で美白・抗炎症作用などを付与します。

37デヒドロ酢酸Na

細菌・真菌類に抗菌作用を示す水溶性成分。

38ハマメリスエキス

ハマメリスエキスは収れん作用により毛穴を引き締め、皮脂の抑制などに寄与します。また、毛細血管強化、抗炎症作用も。

39フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

40ブドウ種子油

リノール酸リッチなトリグリセライド。リッチな感触のエモリエント効果。

41ベンジルアルコール

芳香族アルコールの一種で、空気中で酸化されると安息香酸になる。各種溶剤としてや芳香性の良さから殺菌剤としても用いられる。 エステル化するとイランイランやジャスミンなどの香りの元となる酢酸ベンジルなどを作ることが可能。

42セイヨウニワトコ花エキス

スイカズラ科植物でフラボノイド含有のエキス。優れた抗酸化作用を付与。

43ヒマワリ種子エキス

・ヒマワリ種子エキスはヒマワリ種子より抽出したセラミド、糖質、リン脂質の働きで肌の保湿機能改善、キューティクル接着強化といった働き。

44ゼニアオイ花エキス

アオイ科アオイ属ゼニアオイから得たエキス。高い抗炎症作用を持つ粘液質を含みます。

45ヨーロッパシラカバ葉エキス

販売元による宣伝文

頭皮をすっきり洗浄し、有機植物エキスと精油が髪を健やかにととのえるオーガニックスカルプシャンプー。植物由来洗浄成分の豊潤な泡が頭皮をやさしくすっきり洗浄。オーガニックジャーマンカモミールエキスとローズマリー精油が髪にうるおいを与えてバランスをととのえます。健やかでさらさらな髪へ。

■オーガニックジャーマンカモミールエキス※1
低温で抽出されるジャーマンカモミールエキスは、カマズレンを含有。髪にうるおいを与えてバランスをととのえ、健やかな髪へみちびきます。
※1 カミツレ花エキス
■オーガニックローズマリー精油※2
水蒸気蒸留法で抽出されるフランス産のローズマリー精油は、1,8シネオールを含有。髪の内部に浸透し健やかにととのえ、さらさらな髪へみちびきます。
※2 ローズマリー油
■植物由来洗浄成分※3
ヤシ由来の洗浄成分によるもっちりとした豊かな泡が頭皮表面や毛穴の奥に詰まった皮脂や汚れを吸着し、頭皮と髪をすっきり洗浄。清潔で健やかな頭皮環境へみちびきます。
※3 コカミドプロピルベタイン
■パッチテスト済
全ての方に刺激が起こらないということではございません。
■シリコン、パラベン、石油系界面活性剤、合成着色料※4、鉱物油、動物原料 不使用
※4 中身の色は天然成分によるものです。

オーガニックベルガモット精油とクラリセージ精油を基調とした香り
厳選した精油をベースに調香した爽やかなシトラスハーバルノート

アルジェランの厳格なオーガニックコスメ基準※5に基づき開発されました。
※5 自社基準

○頭皮をすっきり洗浄し、髪を健やかにととのえる

アルジェラン オーガニック 低温抽出カモミール スカルプ シャンプーの関連商品


楽天でアルジェラン オーガニック 低温抽出カモミール スカルプ シャンプーを買う

アルジェラン オーガニック 低温抽出カモミール スカルプ シャンプーを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。