アルジェラン オーガニック 手搾りアルガン オイル トリートメントの解析結果

総合順位

896

総合得点 5点満点

2.03

楽天でアルジェラン オーガニック 手搾りアルガン オイル トリートメントを買う
成分数エキス系特効ダメ
501100
  • アルジェラン オーガニック 手搾りアルガン オイル トリートメントの詳細情報
  • カラーズの関連商品
  • [JANコード] 4571242812820
  • [商品ID] 6480
  • [容量] 500ml
  • [参考価格] 1625円
  • [1mlあたり] 約 3.25円

アルジェラン オーガニック 手搾りアルガン オイル トリートメント解析チャート

アルジェラン オーガニック 手搾りアルガン オイル トリートメントの解説

オーガニック言う割にリスキー

肌に十分なリスクのある処方で、かつ効果がいまいち



オーガニックとか、アルジェランブランドの中ではコンディショニング効果が実感できる方ですが、

トリートメント全体で見ると平凡で、かつ低刺激というわけでもありません。
オーガニックな成分が混じっているというだけで、

全体的に見ると、一般的なコンディショナーのように見えます。

アルジェランのブランドとしては比較的コンディショニング効果を持たせたタイプと言えますが、

ダメージをして違いを見せるというほどの実力はありません。



あくまでも、コンディショナーの部類という印象です。



そして、 オーガニックで肌に優しいと思うのは早計です。

天然素材の中でも、人にリスクがある成分も多くあり、トリートメントにも含まれます。



例えばひまし油のような酸化されやすく刺激になりやすい素材というのは決して安心感はありません。



手触りの面では、使用感自体は滑らかで一見良さそうですが、

一時的な油分補給以上のものではなく、すすいだ後に多くを残せるトリートメントではありません

持続性はなく、浸透性も補修効果も即効性もありません。



すなわち、リンスとかコンディショナーのようなライトな効能というわけです。



このように考えると、 オーガニックということオーガニックでもなく、トリートメントというほどトリートメントしない、

様々な面で中途半端さが目立ってしまう内容といえそうです。

アルジェラン オーガニック 手搾りアルガン オイル トリートメントの全成分

1

2アロエベラ液汁

3ベヘニルアルコール

皮膚刺激が少なく、粘度変化が少ないエマルションを形成する。

4ベヘニルPGトリモニウムクロリド

4級カチオン界面活性剤。髪の濡れている時も、乾燥後も潤滑性を保持させる高コンディショニング作用が特徴です。

5グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

6アルガニアスピノサ核油

アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。

7マカデミア種子油

パルミトレイン酸含有量の多い、皮脂に近いトリグリセライド。肌を保護したり、馴染み・感触の良い油分補給効果を付与。

8ダマスクバラ花油

バラの中でも最も高額で貴重なダマスクローズのオイルです。バラの花が約300万個から1Kgしか抽出できないオイルで、深みのある高貴な香りが特徴。抗菌・抗アレルギー・抗酸化・鎮静作用などを付与します。

9セイヨウネズ果実油

10ニオイテンジクアオイ油

フクロソウ科ニオイテンジクアオイ、通称ゼラニウムと呼ばれるエッセンシャルオイルです。ミント様の甘くて重めの香りが特徴です。ローズの香り成分と似た組成で、抗うつ作用、抗菌・鎮痛作用などを与えます。

11イソステアリン酸水添ヒマシ油

12アボカド油

オレイン酸を主とするトリグリセライド。エモリエント作用を付与。

13ベチベル根油

14プロパンジオール

炭素数3のグリコールです。異性体にプロピレングリコールがあります。抗菌・保湿剤として用いられ、安全性が高いと言われていますが、実は天然由来を謳うわりにBGやPGとさほど危険性は変わらない可能性があると言われている。

15ヒマシ油

潤滑性が高く優れたオイルですが、酸化されやすく熱安定性が低いために肌刺激性のリスクが高い成分でもあります。セバシン酸の原料でもあります。

16エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

17イランイラン花油

18ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル

光沢性、エモリエント性、酸化安定性、特に抱水性にすぐれた植物由来のダイマージオールエステル。

19アーモンド油

オレイン酸リッチなトリグリセライド。エモリエント効果。

20トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル

酸化に対して安定な多価アルコール脂肪酸エステルで、べたつかない軽い感触を与える。

21ティーツリー葉油

・ティーツリー葉油はオーストラリア原住民の間で消毒剤として使われていた殺菌作用を持つ精油で、肌を清潔に保ち、すっきりとした芳香性を持つ。

22ラウリン酸メチルヘプチル

植物由来2-オクタノールと各種植物由来脂肪酸からなるエステル油。植物由来の素材で、環境分解性もよく刺激性もほとんどない。

23バオバブ種子油

アフリカ原産の「生命の樹」とも呼ばれるバオバブ種子からとれたオイルです。オレイン酸・リノール酸をリッチに含み、ビタミン類も含むため抗酸化作用も付与されます。

24ステアリン酸グリセリル

25バクホウシアシトリオドラ葉油

26ポリクオタニウム-7

塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液で、コンディショニング効果を付与する他に泡質をきめ細かく増加させる機能があります。

27オリーブ果実油

28ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

29ビターオレンジ花油

ネロリとも呼ばれます。リナロールが主成分で鎮痛、保湿、抗炎症、抗ウイルス作用を付与し、精油としても香りが好まれるものです。

30ヒドロキシエチルセルロース

31ヒマワリ種子油

リノール酸が7割ほどを占めるオイルで、保湿性と抗酸化作用を持つ若返りのオイルともいわれている成分です。

32カルナウバロウ

33イタリアイトスギ葉/実/茎油

34水酸化K

水酸化カリウムです。苛性カリとも呼ばれ、強いアルカリ性を示し、タンパク質に対し強い腐食性があるため劇物に指定されています。主に石けんを作る際の材料として使われるほか、界面活性剤に配合され強烈な油汚れやタバコのヤニ落としなどに用いられる。また、配管に詰まった毛髪を溶かす用途でも使われる。ただし、劇物に指定されているように非常に物性が強いため、専門的な業者によって使われることが多い。

35ヤシ油

液状の油とワックスの中間の融点を持つ、ラウリン酸主体のオイルです。伸びがよく、皮膚の生理機能を阻害しない、酸化安定性の高いトリグリセリドです。

36コメヌカ油

37ダイコン種子エキス

38(カプリル酸/カプリン酸)ヤシアルキル

39ローズマリー葉エキス

抗菌・抗酸化作用・芳香を特徴とするローズマリー。ローズマリーは天然の保存料として用いられ、エイジングケアとしてもすぐれた効果。その他ローズマリーはリウマチやアレルギーにも効果が認められ民間薬として使用されています。

40トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

41ラベンダー花エキス

シソ科ラベンダーのエキスです。タンニン、リモネン、リナロールなどを含みます。ラベンダー独特の芳香と、収れん作用、抗菌作用を付与する。

42香料

香りづけ。

43カニナバラ果実エキス

ローズヒップの果実から得たエキスです。抗酸化作用を与えるビタミンを豊富に含みます。

44デヒドロ酢酸Na

細菌・真菌類に抗菌作用を示す水溶性成分。

45ビルベリー葉エキス

・ビルベリー葉エキスはGABA産生促進作用、抗炎症、抗シワ、ヒアルロン酸産生促進、メラニン生成抑制、保湿、抗酸化作用。

46ベンジルアルコール

芳香族アルコールの一種で、空気中で酸化されると安息香酸になる。各種溶剤としてや芳香性の良さから殺菌剤としても用いられる。 エステル化するとイランイランやジャスミンなどの香りの元となる酢酸ベンジルなどを作ることが可能。

47エーデルワイス花/葉エキス

48マンゴー果実エキス

49キイチゴエキス

50カラメル

販売元による宣伝文

濃厚植物オイルが傷んだ髪を浸透補修するオーガニックオイルヘアトリートメント。オーガニックアルガンオイルとマカデミアナッツオイルが髪の内部までしっかり浸透し、ゼラニウム精油がうるおいを与えてダメージを補修します。ツヤやかでまとまる髪へ。

■オーガニックアルガンオイル※1
モロッコ南西部にしか生息しないアルガンの木の実から手搾りで抽出されるオイルは、オレイン酸やリノール酸を含有。傷んだ髪の内部まで浸透する事でダメージを補修し、パサつきを抑えなめらかな髪へみちびきます。
※1 アルガニアスピノサ核油
■オーガニックマカデミアナッツオイル※2
オーストラリア産のマカデミアナッツから抽出されるオイルは、パルミトレイン酸を含有。傷んだ髪をうるおいで満たし補修、乾燥やパサつきを防いでツヤやかでまとまりのある髪へみちびきます。
※2 マカデミア種子油
■オーガニックゼラニウム精油※3
水蒸気蒸留法で抽出されるゼラニウム精油は、シトロネロールやゲラニオールを含有。髪にうるおいを与えてダメージを補修しながら、ツヤやかな指通りの良い髪へみちびきます。
※3 ニオイテンジクアオイ油
■パッチテスト済
全ての方に刺激が起こらないということではございません。
■シリコン、パラベン、石油系界面活性剤、合成着色料※4、鉱物油、動物原料 不使用
※4 中身の色は天然成分によるものです。

オーガニックダマスクローズ精油とジュニパー精油を基調とした香り
厳選した精油をベースに調香した芳醇なグリーンフローラルノート

アルジェランの厳格なオーガニックコスメ基準※5に基づき開発されました。
※5 自社基準

○うるおいを与えてダメージを補修し、ツヤやかでまとまる髪へ導く

アルジェラン オーガニック 手搾りアルガン オイル トリートメントの関連商品


楽天でアルジェラン オーガニック 手搾りアルガン オイル トリートメントを買う

アルジェラン オーガニック 手搾りアルガン オイル トリートメントを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。