オイ ミルクの解析結果

オイ ミルク

総合順位

341

総合得点 5点満点

1.17
成分数エキス系特効ダメ
25100
  • オイ ミルクの詳細情報
  • Oy Milkの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 6540
  • [容量] 135ml
  • [参考価格] 3024円
  • [1mlあたり] 約 22.4円

オイ ミルク解析チャート

オイ ミルクの解説

全く使うべきではないミルク

確かに、髪にスプレーした途端にコンディショニング効果を実感できる製品ではあります。

しかし、それが肌の安全性を犠牲にしているのであれば話は別です。



一般的なコンディショナーと同様に、4級イオン界面活性剤がベースに配合され、

一般的なシャンプーの洗浄剤よりも強いタンパク変性作用を被る形となります。



それだけ大きなデメリットがあるのに、なぜ配合されているかといえば感触改善の即効性を狙ったと思われるのです。

カチオン界面活性剤の特徴として、瞬時に選択的にダメージ部に吸着し いわゆる疎水性を復活させることで髪をダメージからまもる効果を付与します。

この高い吸着力が皮膚にも働き、 タンパク変性作用としてデメリットを与えてしまうのです。

髪のダメージには良くても、皮膚にはリスクとなります。

また、洗い流すことを前提に安全に使える成分でありますので、この製品のような洗い流さないヘアミルクへの処方は控えめに言っても危ないと考えるのが自然でしょう。



なお、これほどのリスクを背負っても、実際に得られるメリットが一般的なコンディショナー程度のカバー力にすぎませんので、それならば一般的なコンディショナーを普通に使う方が安全で同じ効果を得られるのではないかと考えます。

洗い流さないヘアミルクでありながら、リスクが高い。

オイ ミルクの全成分

1

2セテアリルアルコール

3パンテノール

4ベヘントリモニウムクロリド

5ベンジルアルコール

6トコフェロール

7セタノール

8アモジメチコン

9セトリモニウムクロリド

10(アモジメチコン/シルセスキオキサン)コポリマー

11安息香酸Na

12トリデセス-5

13クエン酸

14グリセリン

15トリデセス-12

16シクロペンタシロキサン

17シトロネロール

18ゲラニオール

19フェノキシエタノール

20ヒマワリ種子油

21リナロール

22α-イソメチルイオノン

23リモネン

24ベニノキ種子エキス

25香料

販売元による宣伝文

スプレーがミルクに変化する画期的なトリートメント。高い保湿力とコンディショニング作用で、ふんわりまとまるワンランク上の仕上がりを目指します。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。