ココンシュペール トリートメント(ピュアスカルプ)の解析結果

総合順位
152位
総合得点 5点満点
2.75

ココンシュペール トリートメント(ピュアスカルプ)の詳細情報

[製造販売元] クラシエ

[商品ID] 5265
[容量]500ml
[参考価格]1625円
[1mlあたり] 約3.25
素材
64%

安全性

32%

コスパ 

38%

環境 
66%
補修力
50%
ツヤ 
60%
感触 
82%

ココンシュペール トリートメント(ピュアスカルプ)の解説

ツヤ、保湿が良いマイルド系コンディショナー。


肌に受けてもある程度安心感のあるマイルド処方。


かといって、頭皮にさほど有意義な効果があるわけでもないが。


髪に対しては擬似セラミドやシルク、セラキュートなどが優しく保護。


値段を考えればまずまずの内容と言えるが、持続性や強力なダメージ補修性はない。


ライトなコンディショナーの気の利いた作りというのが実情だ。


印象としてはまずまず悪くない。


ココンシュペール トリートメント(ピュアスカルプ)の全成分

1

2ステアリルアルコール

オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。

3ソルビトール

4ジステアリン酸ペンタエリスリチル

5グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

6ベヘナミドプロピルジメチルアミン

3級カチオン界面活性剤で、肌刺激がマイルドなかわりにコンディショニング効果は低い。ややしっとり感のある感触。

7コハク酸ジエチルヘキシル

8ジカプリン酸ネオペンチルグリコール

タッチが軽いのが特徴の低粘性油剤です。安全性にも優れています。

9PPG-3カプリリルエーテル

カプリリルアルコールのポリプロピレングリコールエーテルです。シリコンの代替としても用いられる他、シリコンとの併用で均一性の高い皮膜を形成し、ツヤ感をアップさせる効果も。

10ベヘニルPGトリモニウムクロリド

4級カチオン界面活性剤。髪の濡れている時も、乾燥後も潤滑性を保持させる高コンディショニング作用が特徴です。

11加水分解シルク

12セリン

・アミノ酸素材が添加され、肌に親和性の高いしっとり効果を付加。影響力は大きくはないが、安全性は高い。

13プロリン

14グルタミン酸Na

15アルギニン

16アラニン

17ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)

疑似セラミドです。セラミドを模倣した素材で、保湿効果を付与。

18セバシン酸ジエチル

二塩基酸ジエステルで、モノエステルに比べ溶解性・浸透性が良く、軽い感触、薬剤浸透。

19(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー

・(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマーはセラキュートというセラミド模倣構造をカチオン化し、ハリ・コシ作用が優れたアンチエイジングポリマー。

20サッカロミセス/コメヌカ発酵液エキス

21加水分解コラーゲン

22乳酸

23イノシトール

ビタミンB群の一種。生理活性成分としてスリミング作用も期待される他、毛髪の健康な生成、パニック障害の抑制など様々な場面で働きます。

24パラフィン

ろうそくのことです。あの白色の炭化水素化合物をパラフィンといい、化学的に安定性が高く滑らかな感触を与えるロウの一種です。

25ベヘニルアルコール

皮膚刺激が少なく、粘度変化が少ないエマルションを形成する。

26エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

27ヒドロキシエチルセルロース

28メントール

アルコールの一種で、 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール とも呼ばれる。ハッカに含まれ、清涼感、血行促進作用を付与します。

29ベヘンジモニウムエチルリン酸ステアリル

ホスホリルコリン類似基をもつジアルキルタイプのジェミニ型化合物です。優れた自己会合性を持ち、皮膚や髪においてラメラ類似膜を形成するため潤滑性と保護効果、保湿作用を付与します。非常に安全性の高い特徴があります。

30BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

31ココイルアルギニンエチルPCA

ココイルアルギニンエチルPCAはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、安全性が高く抗菌効果を持ち、滑らかなコンディショニング効果を付与します。

32ベヘントリモニウムクロリド

ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。

33フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

34香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

今夜、わかる。
30年の髪の専門研究から生まれたヘアケアブランド「ココンシュペール」の、軽やかにまとまる素髪へ仕上げるPURE SCALP(ピュアスカルプ)。
頭皮をほぐしながら頭皮にも髪にもうるおいを与えるノンシリコントリートメントです。

一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。