ココンシュペールインナーコンフォートシャンプースリーク&リッチ  の解析結果

総合順位

1154

総合得点 5点満点

1.94
  • 販売元クラシエホールディングス株式会社
  • 英名Kracie Holdings,Ltd
  • 郵便番号〒1088080
  • 住所:東京都港区海岸3-20-20 ヨコソーレインボータワー
  • 電話番号03‐5446‐3210
  • メール
  • web公式サイト
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
224201
  • ココンシュペールインナーコンフォートシャンプースリーク&リッチ  の詳細情報
  • クラシエホームプロダクツの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 2062
  • [容量] 500ml
  • [参考価格] 1624円
  • [1mlあたり] 約 3.25円

ココンシュペールインナーコンフォートシャンプースリーク&リッチ  解析チャート

ココンシュペールインナーコンフォートシャンプースリーク&リッチ  の解説

これはだめ。安っぽい上に肌に刺激的。

ラウロイルサルコシンTEAベースという、ある意味ラウレス硫酸Naベースより嫌な印象の処方です。

アミノ酸系列の中ではやや刺激があり、石けん様の沈殿性のある成分でもあるが、

さっぱり感のある洗い上がりの洗浄剤。

ベタイン、非イオン界面活性剤が刺激緩和や増粘作用など。

コラーゲン、シルク、シルクの原料セリシンを配合してコンディショニング効果を与えている。

いわゆるアミノ酸系の中では下。

全体的にはコンディショニングシャンプーといった印象ですが、

やや中途半端な出来となってしまった感じです。

もう少し良い特徴を持てば見所がありましたが、「コンフォート」とはいきません。



オススメ感のない凡作です。

ココンシュペールインナーコンフォートシャンプースリーク&リッチ  の全成分

1

2ラウロイルサルコシンTEA

アミノ酸系洗浄剤の一種ですが、歯磨き粉に殺菌成分として配合されることが多い成分でもあります。つまり、アミノ酸系といいながら性格的にはきつめであり、脱脂力と殺菌性で通常の頭髪には必ずしも喜ばしい洗浄剤とはいえません。

3パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン

アミドベタイン型の両性界面活性剤。硬水や幅広いpH領域でも高い起泡・洗浄力を付与。

4コカミドメチルMEA

・コカミドメチルMEAは、一般的なコカミドDEAより起泡性や持続性・泡量が優れる。

5コカミドMEA

ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド。非イオン界面活性剤です。増粘、泡質安定、洗浄乳化補助作用を期待して配合されます。コカミドDEAやTEAに発がん性が懸念されたことから、安全性の面でこの成分が採用される傾向がある(ただしコカミドDEAもTEAも通常は全く害になりえない)。また、泡質安定性もこの素材が優秀。

6ジステアリン酸グリコール

コストが安いパール化剤。典型的な白色のパール化に用いられる処方が容易な素材。

7ココイルグルタミン酸TEA

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

8塩化Na

9クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

10グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド

カチオン性の毛髪保護剤ですが、あまり効果が高くありません。

11ポリクオタニウム-49

メタクリロイルエチルベタイン、メタクリル酸PEG-9、塩化メタクリロイルエチルトリメチルアンモニウムの共重合体です。シリコンのような滑性をシャンプーなどに与える他、持続性のある保護膜を形成し濯ぎ、洗浄時の絡まりを防止します。

12エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

13ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

14加水分解コラーゲン

15シルクエキス

16セリシン

カイコが絹の生産の際に作るタンパク質で、主にセリシンとフィブロインというタンパク質で構成。 セリシンは十数種の高純度のアミノ酸系タンパク質で構成され、人の皮膚を構成している中でいちばん多いセリンが30%含まれています。保湿機能・抗酸化作用・紫外線吸収作用、高血圧、高血糖の低下、育毛、歯周病などに有用といわれます。

17ローヤルゼリーエキス

・ローヤルゼリーエキスは免疫増強作用、 抗菌作用、 保湿作用、 皮脂分泌調節作用を示します。

18水溶性コラーゲン

コラーゲンの形をそのままに水に溶解させたのがこの水溶性コラーゲンです。魚の骨や皮、うろこを原料として、匂いが少なく吸収性が高いのが特徴です。

19EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

20安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

21香料

香りづけ。

22カラメル

販売元による宣伝文

キメ細かい濃厚な泡が、髪1本1本を包み込みきしまず洗い上げます。洗い流し時の「指通りのなめらかさ」が特徴のシャンプーです。

ココンシュペールインナーコンフォートシャンプースリーク&リッチ  を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。