ウエラ プロフェッショナルケア エレメンツマスクの解析結果

総合順位
1192
総合得点 5点満点
1.83
成分数エキス系特効ダメ
22000

ウエラ プロフェッショナルケア エレメンツマスクの詳細情報

[製造販売元] ウエラ

[JANコード] 4084500126091
[商品ID] 5324
[容量]150ml
[参考価格]2333円
[1mlあたり] 約15.55

素材 

1

安全性
2.7

コスパ 

1.2

環境 
2.5
補修力
2.5
ツヤ 
2.1
感触 
3.2

ウエラ プロフェッショナルケア エレメンツマスクの解説

持続性は少しあるが。

肌への安全性を少し考慮した痕跡が見える処方。

それに、ダメージ部のケア効果が少し持続性を持っているのが特徴で、長持ちするタイプのコンディショナーと言えるでしょう。

ただ、その能力自体はあまり高くなく、ライトな潤滑性が少し保たれる、という具合だ。

ウエラ プロフェッショナルケア エレメンツマスクの全成分

1

2ステアリルアルコール

オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。

3ベヘントリモニウムクロリド

ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。

4セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

5シリコーンクオタニウム-25

6(ジビニルジメチコン/ジメチコン)コポリマー

7パンテノール

プロビタミンB5。体内でパントテン酸に変わるという意味でプロビタミンB5と呼ばれていて、育毛剤などでもおなじみの髪や皮膚の生成を促進する成分です。新陳代謝を活発する目的で配合されます。

8イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

9フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

10ベンジルアルコール

芳香族アルコールの一種で、空気中で酸化されると安息香酸になる。各種溶剤としてや芳香性の良さから殺菌剤としても用いられる。 エステル化するとイランイランやジャスミンなどの香りの元となる酢酸ベンジルなどを作ることが可能。

11香料

香りづけ。

12ビスPEG-4ジメチコン

13クレアチン

アミノ酸の一種で、皮膚細胞活性化剤を付与。

14EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

15(C12-13)パレス-23

16(C12-13)パレス-3

17システイン

18ヒスチジン

19リシンHCI

リシンの塩酸塩。天然のリジンと同じ構造で、必須アミノ酸。皮膚に柔軟性を与えます。

20ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル

21アルガニアスピノサ核油

アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。

22セイヨウトネリコ木エキス

メーカーの紹介文

パンテノールとクレアチン配合でうるおいを与え、髪内部のタンパク質を補修し、しなやかに弾む髪に整えて、自然なまとまりとツヤを与えます。

ウエラ プロフェッショナルケア エレメンツマスクの関連商品

ウエラ プロフェッショナルケア エレメンツマスクを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。