Loretta(ロレッタ) ナイトケアクリームの解析結果

総合順位
61
総合得点 5点満点
2.98

Loretta(ロレッタ) ナイトケアクリームの詳細情報

[製造販売元] MoltoBene(モルトベーネ)

[商品ID] 822
[容量]120ml
[参考価格]2808円
[1mlあたり] 約23.4
素材 
3.3
安全性
5.5
コスパ 
2.4
環境 
3.5
補修力
2.7
ツヤ 
2.4
感触 
3.1

Loretta(ロレッタ) ナイトケアクリームの解説

浸透する保湿性、べたつき軽減で感じ良い



基本さらさらとした仕上がりながら、浸透するコラーゲン、持続性小麦タンパクなどのコンディショニング効果が効くナイトクリーム。

コストパフォーマンスは正直良くないと思いますが、モノ自体は一定の満足度は得られそう。

ダマスクローズの香りや、ある程度しなやかでスムースな感触を楽しめる点は有効です。



強いて言うなら、この金額であればもうひと声ほしいな、という微妙なクオリティではあります。

Loretta(ロレッタ) ナイトケアクリームの全成分

1

2水添ポリイソブテン

ワセリンやミネラルオイルのように炭化水素化合物でできた鉱物油の一種です。合成スクワランとも呼ばれるように、スクワランや環状シリコーンなどの代替としても使われます。無味無臭無色で、化学的に不活性なため肌刺激はありません。また増粘剤や油性基材とても使われます。

3ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

4アルガニアスピノサ核油

アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。

5ダマスクバラ花油

バラの中でも最も高額で貴重なダマスクローズのオイルです。バラの花が約300万個から1Kgしか抽出できないオイルで、深みのある高貴な香りが特徴。抗菌・抗アレルギー・抗酸化・鎮静作用などを付与します。

6イソステアロイル加水分解コラーゲンAMPD

別名イソステアロイル加水分解コラーゲン・アミノメチルプロパンジーオール塩。コラーゲン加水分解物とイソステアリン酸との縮合物。皮脂と馴染みがよく浸透性を有するコラーゲン誘導体である。

7ココジモニウムヒドロキシプロピル加水分解コムギタンパク

8アルギニン

9ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)

疑似セラミドです。セラミドを模倣した素材で、保湿効果を付与。

10(アクリル酸Na/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー

11イソヘキサデカン

12ポリソルベート80

13オレイン酸ソルビタン

14クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

15BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

16エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

17フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

18香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

寝る前にケアする、洗い流さないトリートメントです。夜、ダメージ部分にじっくりと浸透し、寝グセがつきにくく、朝、まとまりやすい髪へと導きます。ブロー後のまとまり感アップにも使用できます。

Loretta(ロレッタ) ナイトケアクリームを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。