ダイアン ボディソープ ホワイトフローラルの解析結果

ダイアン ボディソープ ホワイトフローラル

総合順位

48

総合得点 5点満点

2.56
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
4711210

ダイアン ボディソープ ホワイトフローラル解析チャート

ダイアン ボディソープ ホワイトフローラルの解説

悪い意味で効果が高いボディーソープです。

ベースは比較的シンプルな石鹸で、アルカリ性が肌のバリアを溶かし出します。

石鹸の肌バリア溶出効果はラウリル硫酸ナトリウムよりも高く、肌を乾燥から守るなどと宣伝している割に逆の結果を見ることになりそうです。



さらに悪いことに、この製品が力を入れているのは肌を乾燥させるだけでなく、

ピーリング作用を持たせることです。

これにより肌バリアを失った状態から、さらに表面の角質を溶かして剥がすような作用を持たせ、

自然に考えれば、体を守るはずの皮膚を自ら損傷させるような行為と見えます。



そこまでして何を得たいのかと言うと、一時的な肌のサラサラ感だったり、美白効果だと思われますが、

このようなアプローチで行き着く先は、どうしようもな敏感肌である事は明らかです。

シンプルに言えば、使わないことが肌の健康に最も有効と言える製品です。 石鹸とピーリング作用の悪い相互作用。

ダイアン ボディソープ ホワイトフローラルの全成分

1

2ミリスチン酸

3ラウリン酸

4水酸化K

5パルミチン酸

6コカミドDEA

7ラウリルベタイン

8ジステアリン酸グリコール

9塩化K

10香料

11サクシニルアテロコラーゲン

12グリセリン

13ザクロエキス

14リンゴ果実培養細胞エキス

15カンゾウ根エキス

16(カルボマー/パパイン)クロスポリマー

17オリーブ葉エキス

18サッカロミセス/ムレスズメ根発酵エキス

19ヒアルロン酸Na

201,2-ヘキサンジオール

21カプリリルグリコール

22ダイズ種子エキス

23オタネニンジン根エキス

24マヨラナ葉エキス

25ワイルドタイムエキス

26水溶性コラーゲン

27グリチルリチン酸2K

28シア脂

29ホホバ種子油

30セラミド3

31トウキ根エキス

32ボウフウ根エキス

33アスコルビルグルコシド

34フランスカイガンショウ木エキス

35チオクト酸

36カオリン

37パパイン

38マルトデキストリン

39酸化チタン

40レシチン

41PEG-2M

42キサンタンガム

43コカミドDEA(1:2)

44ラウリルグルコシド

45アルギン酸Na

46BG

47EDTA-2Na

販売元による宣伝文

日本初のホワイタミ(Whitami)を配合。
泡切れが良く、夏独特の乾燥から守ります。
ミルクとダブル使いで、透輝肌パワーアップ!

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。