ケアテクトHB キープメイクの解析結果

総合順位

110

総合得点 5点満点

1.95
  • 販売元株式会社ナプラ
  • 英名napla
  • 郵便番号〒5350031
  • 住所:大阪府大阪市旭区高殿4-16-19
  • 電話番号0669541897
  • メール
  • web公式サイト
成分数エキス系特効ダメ
41810
  • ケアテクトHB キープメイクの詳細情報
  • ナプラの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 363
  • [容量] 50ml
  • [参考価格] 893円
  • [1mlあたり] 約 17.86円
素材 
1
安全性
4.2
コスパ 
1.2
環境 
2.7
補修力
1.5
潤滑性
2.2
頭皮改善 
1.5
ツヤ 
2.1
持続性
2.8
感触 
3.1

ケアテクトHB キープメイクの解説

これといって普通だが、オススメしたくなるようなものではない。キャンデリラロウというわりと産出量の多くないロウで、ツヤ感、ホールド感の高い性質をベースに。

その他、マイクロクリスタリンワックス、コメヌカロウも少々配合。パラフィン、ポリエチレン、カルボマー、水酸化Naというような処方で、クリーミーでありながらセット力を比較的しっかり持たせた肌に優しい一品といえるでしょう。メトキシケイヒ酸エチルへキシル、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタンは紫外線吸収剤。

ペリセア、ケラチンがハリコシ、ヒアルロン酸、リピジュアが保湿効果。

その他エキスは抗炎症・抗酸化・保湿といった効能を付加。

全体としては、

特に肌刺激で心配する点はなく、コンディショニング効果、トリートメント効果もあり、セット力・ツヤ感もしっかりとしている点でまずまずおすすめ。

ケアテクトHB キープメイクの全成分

1

2キャンデリラロウ

3水添ポリイソブテン

ワセリンやミネラルオイルのように炭化水素化合物でできた鉱物油の一種です。合成スクワランとも呼ばれるように、スクワランや環状シリコーンなどの代替としても使われます。無味無臭無色で、化学的に不活性なため肌刺激はありません。また増粘剤や油性基材とても使われます。

4イソノナン酸イソノニル

低粘性でさらっとした油剤。クレンジング性能に優れ、べとつかせたくない場合に重宝されるエステルオイルです。

5ポリエチレン

クレンジング剤においてはマイクロビーズと呼ばれるスクラブ目的の微細プラスチック粒として用いられます。肌に対しては不活性で刺激もなくスクラブ効果を得ることができますが、環境中において分解されず、魚などが摂取して蓄積するなど環境汚染の原因の1つと言われています。現在はスクラブには分解性の高い成分が代替で使われる傾向が強くなっています。

6セテス-15

7マイクロクリスタリンワックス

ワセリンから抽出分離した固形成分で、石油由来の炭化水素です。化学安定性が高く、肌に浸透しないため皮膚刺激性がほとんどありません。延びがよく、ワックスタイプの粘性のある素材として重宝される。

8ステアリン酸

9ステアリン酸グリセリル

10パラフィン

ろうそくのことです。あの白色の炭化水素化合物をパラフィンといい、化学的に安定性が高く滑らかな感触を与えるロウの一種です。

11コメヌカロウ

12ポリアクリルアミド

ゲル化作用による増粘目的で配合されます。アクリルアミド(モノマー)を重合することで作られます。

13BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

14カルボマー

カルボキシビニルポリマーのこと。水溶性増粘剤で、1%以下の配合で粘度をコントロールできる。耐塩性がやや低い。

15水酸化Na

16リン酸2Na

17フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

18クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

19EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

20ラウレス-7

21ホホバ油

ホホバはアメリカ・メキシコ原産の常緑低木。その種子より得られたオイルです。マッサージオイル・各種キャリアオイルとして、またシャンプー、トリートメントなどに配合され潤いを髪・肌に与えます。

22メトキシケイヒ酸エチルへキシル

23t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン

t-ブチルメトキシジベンゾイルメタンはUV-Aを吸収するタイプ。UV-A吸収剤としては特に頻繁に使われます。

24エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

25ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

世界初ジェミニ型(双子型)両親媒性物質・通称ペリセア。洗浄剤の刺激緩和のほか、髪のコーティング、有効成分の浸透補助、髪の強度アップなど多岐にわたる効果を発揮。毛髪内部に極めて短時間(約1分!)で浸透しダメージ修復。肌のキメを整える美肌効果も。

26加水分解ケラチン

27加水分解ヒアルロン酸

28ポリクオタニウム-51

2-メタクロイルオキシエチルホスホリルコリンとメタクリル酸ブチルとの重合体で、通称リピジュアです。生体適合性成分であり、高い安全性とヒアルロン酸を圧倒的に上回る保湿効果が特徴です。

29オトギリソウエキス

弟切草。セント・ジョーンズ・ワート(St. John's wort)という呼び方も。テリハボク科のハーブ、セイヨウオトギリソウ・コゴメバオトギリソウの花、または全草から抽出。創傷治癒や抗鬱、AIDSの治療薬としても。毛髪の成長を促す効果が期待される。

30カミツレエキス

31シナノキエキス

フユボダイジュエキスとも呼ばれるエキスです。タンニン・フラボノイドを含み、血行促進、収斂、抗炎症作用などを付与。

32トウキンセンカエキス

キンセンカの花から得たエキス。マリーゴールドと呼ばれる植物です。抗炎症効果が優れます。

33ヤグルマギクエキス

34ローマカミツレエキス

・ローマカミツレエキスはキク科ローマカミツレより抽出、抗炎症効果に優れ、肌荒れ防止、育毛、抗菌、抗フケ、カユミ防止目的で使われる。

35サトウキビエキス

・サトウキビエキスはイヌリンを含む高い保湿効果と角質柔軟作用を与えます。

36加水分解サンシキスミレエキス

・加水分解サンシキスミレエキスはアクアポリン3の産生を促進。肌の水分量を増加させます。

37メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

38ブチルパラベン

39プロピルパラベン

40エチルパラベン

41香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

咲き続ける、ハーブの恵みシリコーン&UVカット成分配合のスタイリングクリーム登場ノンシリコーン・天然油分配合で自然なツヤとまとまりを与える、スタイリングクリームです。ホールド力が異なる5つのアイテムで、ツヤ感、ニュアンスづくり、がっちりキープまでなりたいスタイルをかなえます。頭皮・毛髪の健康を促しうるおいを与えるホホバ油をはじめとした天然油分配合。ラベルデザインにちなんだフローラルハーブエキス、6種類のナチュラルハーブを配合。紫外線から髪を守り、ダメージの進行を防ぐ効果を持つ紫外線吸収剤も配合。毎日スタイリングをしながら髪をいたわることができます。<Keep Make>キープメイクハードなセット力で躍動感のある動きとほどよい毛束感を与えます。

ケアテクトHB キープメイクを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。