Aesop(イソップ) CL コンディショナーの解析結果

総合順位
1418
総合得点 5点満点
1.68
成分数エキス系特効ダメ
21300

Aesop(イソップ) CL コンディショナーの詳細情報

[製造販売元] Aesop(イソップ) CL コンディショナー

[商品ID] 40
[容量]200ml
[参考価格]2916円
[1mlあたり] 約14.58

素材 

0.9

安全性
2.5

コスパ 

1.2

環境 
2.5
補修力
2.5

ツヤ 

1.9

感触 
2.3

Aesop(イソップ) CL コンディショナーの解説

満足感よりも、がっかりする確率が高い一品。

気分をリフレッシュさせるような香りが特徴のコンディショナーですが、

それはさておき,コンディショナーなのにコンディショニング効果が低いのが残念。

日本で言うところの、ドラッグストアの中でもかなり安く売られているリンスかそれ以下のレベルと見ていいでしょう。



お世辞にも髪に何か違いを生み出せるような効果を携えているわけではありません。



どちらかと言うと香りで魅せるタイプのコンディショナーと言えるのかもしれませんが、

それにしたってコンディショニングは、歴然。



値付けが強気な点も踏まえて、もっと内容的に充実したものを求めても間違いではないと思います。

これではあまりにも寂しい仕上がりですから。

Aesop(イソップ) CL コンディショナーの全成分

1

2セテアリルアルコール

3セテアレス-20

4ステアラルコニウムクロリド

5(C12-16)アルコール

6フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

7アトラスシーダー樹皮油

・アトラスシーダー樹皮油は皮脂コントロール機能や抗菌作用があり、肌を健やかに保つ効能があります。サンダルウッドのようなウッディーな香りが特徴。

8ラベンダー油

シソ科ラベンダーの葉茎から得られるオイルです。鎮痛・リラックス効果・抗炎症・抗菌作用などを付与します。

9グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

10ベルガモットミント葉エキス

11ローズマリー油

シソ科ローズマリーから抽出したエッセンシャルオイルです。精神を高揚させる作用や、集中力アップ、育毛効果などがあると言われています。

12加水分解野菜タンパク

13エチルヘキシルグリセリン

細菌・真菌類の防腐効果がある。

14セイヨウネズ果実油

15ティーツリー葉油

・ティーツリー葉油はオーストラリア原住民の間で消毒剤として使われていた殺菌作用を持つ精油で、肌を清潔に保ち、すっきりとした芳香性を持つ。

16セイヨウハッカ油

17ユーカリ葉油

18クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

19メチルイソチアゾリノン

パラベンよりもソフトと言われる防腐剤。ただ、パラベンよりも配合量を大幅に増やさないと効果が出ないため、それほどソフトとも言いきれない。

20メチルクロロイソチアゾリノン

21香料[02]

メーカーの紹介文

ライトな使い心地で、髪をボリュームダウンさせることなく、使うごとにつややかさと潤いが実感できるコンディショナー。

Aesop(イソップ) CL コンディショナーの関連商品

Aesop(イソップ) CL コンディショナーを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。