大島椿頭皮のためのシャンプー の解析結果

総合順位

1101

総合得点 5点満点

2
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
155000
  • 大島椿頭皮のためのシャンプー の詳細情報
  • 大島椿の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 3017
  • [容量] 250ml
  • [参考価格] 1294円
  • [1mlあたり] 約 5.18円

大島椿頭皮のためのシャンプー 解析チャート

大島椿頭皮のためのシャンプー の解説

頭皮のためを思うなら、いかがなものか



というのも、このシャンプーは一見アミノ酸系の優しさっぱり系と思わせながら、中盤〜後半は石鹸タイプの洗浄剤がゴロゴロ。

アルカリ性であることを予見させますし、髪を洗うのに石鹸ではゴワゴワになることを覚悟しなければなりません。



ココイルメチルタウリンNaによる洗浄剤ベース。これ自体はマイルドですが、ツバキ脂肪酸K=石鹸、ココイルグリシンKは共にアルカリ性で機能する洗浄剤。

PEG-7グリセリルココエートは非イオン界面活性剤で、ある意味石鹸と相乗効果を生み出し、単純な石鹸よりはデメリットが低いものの、

やはり髪に使うタイプの製品とはいえない面が強いのです。

大島椿頭皮のためのシャンプー の全成分

1

2ココイルメチルタウリンNa

アミノ酸型洗浄剤の中でもバランスの良さはトップクラス。適度な洗浄性、泡立ちの安定性、低刺激、コンディショニング効果や、ベタつきの少なさなど、シャンプーとして使われる場面では優秀な使用感を提供する。

3パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン

アミドベタイン型の両性界面活性剤。硬水や幅広いpH領域でも高い起泡・洗浄力を付与。

4ツバキ脂肪酸K

5クエン酸Na

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

6パーム核脂肪酸アミドDEA

増粘・増泡剤、泡安定剤、感触向上剤としてシャンプー、家庭用洗剤等に配合されます。

7ココイルグリシンK

アミノ酸洗浄剤として知られますが、アミノ酸型の中ではトップレベルの脱脂力と肌刺激性を持つ成分です。石鹸と同様につっぱるような仕上がりとなり、またアルカリ性下で泡立ちや洗浄性が発揮される特徴があるため、強く洗いたい場合に用いられます。逆言えば、ダメージ毛や肌の弱い方には、配合されていることが全く不適切な素材といえます。

8PEG-7グリセリルココエート

・ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリルを添加。仕上がりに潤滑性を少し加える狙い。

9ツバキ油

10ジカブリル酸ピリドキシン

11グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

12ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

13クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

14メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

15プロピルパラベン

販売元による宣伝文

きめ細かな泡立ちで、デリケートな頭皮にも毎日使える低刺激性の椿油シャンプーです。頭皮のためのオイルによって浮き上がった汚れを頭皮に負担をかけずに洗い流し、頭皮をすこやかに保ちます。ツバキ油が洗髪後の髪のうるおいを保ちます。低刺激性・無香料・無着色。

大島椿頭皮のためのシャンプー を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。