プロジェネックKN モイストクリームⅠ(さっぱり)の解析結果 | シャンプー解析ドットコム 

プロジェネックKN モイストクリームⅠ(さっぱり)の解析結果

プロジェネックKN モイストクリームⅠ(さっぱり)アプロサイエンス豊富な美容成分が肌に密着し、ピタっとラッピングする保湿クリーム。潤いをキープし、肌・毛穴を引き締めます。
総合点2.94
378個中96位
品質3.2 %
成分数38
1mlあたり75.6円 %
安全性4.3 %
エキス類5
詳細情報
  • プロジェネックKN モイストクリームⅠ(さっぱり)の詳細情報
  • [発売日]
  • [JANコード]
  • [ランキング] 96位 378個中/
  • [ポイント(5点中)] 2.94点
  • [ジャンル] C
  • [容量] 30ml
  • [参考価格] 2268円
  • [1mlあたり] 約 75.6円
  • [商品ID] 6386
  • [ASIN]
  • [商品サイズ]
  • [商品重量] g
  • [成分数]38
  • [エキス類の数]5
  • [特に優れた成分の数]1
  • [要注意成分の数]1
販売元による宣伝文
豊富な美容成分が肌に密着し、ピタっとラッピングする保湿クリーム。潤いをキープし、肌・毛穴を引き締めます。
プロジェネックKN モイストクリームⅠ(さっぱり)解析チャート

プロジェネックKN モイストクリームⅠ(さっぱり)の解説

これは少し良いが少し悪い。

ベースの感じも悪くなく、使用感と保湿性もまずまず効果的と言える製品です。
最も期待すべきは、活性酸素除去効果を中心としたエイジングケア効果で、
油溶性ビタミンCをはじめ効果的な成分をうまくチョイスしています。

ただし残念なのは、防腐剤の部分で(よくある手法ですが)グレープフルーツ果皮油などを採用しているところ。

グレープフルーツといえば、誰でも害があるとは思わなそうな素材ですが、
実際には光毒性という肌刺激リスクがあり、
このような洗い流さない製品での配合にはリスクがあると言わざるを得ません。

また、 ステアリン酸グリセリル(SE)も石鹸成分を内包しているため、肌にとっては負担となるでしょう。

このように、良い部分も悪い部分も比較的目立って存在感を示しているので、
あまりおすすめとはなりづらいかと思います。

同じような効果であってももっと肌に優しい製品はたくさんありますし、
単純にもっと高い効果の製品も実にお多く存在します。

ということで、おすすめ度は中の中程度となります。

期待できる成分とがっかりさせる成分が混在。



主なターゲットは美白、エイジングケア目的の方、となるでしょう。