マシェリ モイスチュアシャンプー の解析結果

総合順位
1099
総合得点 5点満点
1.93
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
305100

マシェリ モイスチュアシャンプー の詳細情報

[製造販売元] 資生堂

[商品ID] 2798
[容量]200ml
[参考価格]648円
[1mlあたり] 約3.24
洗浄力
2.1

素材 

1.2

安全性
4.2

コスパ 

1.9

環境 
2.6

補修力

1.1

ツヤ 

0.9

感触 
2.4

育毛

1.3

洗浄剤
3

マシェリ モイスチュアシャンプー の解説

平凡なレベルを出ない代物。





一見使用感のいいシャンプーで、好きな方も多い系かと思われますが、

実際にはラウレス硫酸ベース、高脱脂力による髪バサバサ状態を、必死に他のシリコンをはじめとした成分で誤魔化しているというのが実態。



これでは髪も肌もかわいそうだ。

マシェリ モイスチュアシャンプー の全成分

1

2ラウレス硫酸Na

ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム塩。肌への浸透性はラウリル硫酸塩より低減しているが、洗浄力は同等に強い。泡立ちは最高級に強いが、必要以上に脱脂してしまうため肌や髪の乾燥を招きやすい。安価で作れる点が最も好まれているが、美容を考えたら歓迎できない成分である。

3ココアンホ酢酸Na

皮膚との親和性に優れた両性界面活性剤。強い泡立ち。防腐剤フリーでベビーシャンプーにも適す。

4ココイルメチルタウリンタウリンNa

肌刺激がソフトで穏やかな洗浄剤ですが、洗浄力は適度にあり、泡持ち、泡質の優れたバランスの良い使用感です。肌の弱い方やダメージ毛・カラー毛にも適します。

5ジステアリン酸グリコール

コストが安いパール化剤。典型的な白色のパール化に用いられる処方が容易な素材。

6DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

7コカミドMEA

ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド。非イオン界面活性剤です。増粘、泡質安定、洗浄乳化補助作用を期待して配合されます。コカミドDEAやTEAに発がん性が懸念されたことから、安全性の面でこの成分が採用される傾向がある(ただしコカミドDEAもTEAも通常は全く害になりえない)。また、泡質安定性もこの素材が優秀。

8ソルビトール

9塩化Na

10ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

11ヒドロキシエチルウレア

・ヒドロキシエチルウレアは低刺激の尿素誘導体で、持続性の高い保湿、キューティクル平滑効果を付与。

12乳酸

13グルタミン酸

14アルギニン

15イノシトール

ビタミンB群の一種。生理活性成分としてスリミング作用も期待される他、毛髪の健康な生成、パニック障害の抑制など様々な場面で働きます。

16ハチミツ

・ハチミツ・ローヤルゼリーなどのエモリエント感が感じられやすく、仕上がりにも保湿感を残すでしょう。

17ワインエキス

18ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

19クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

20ローカストビーンヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド

21ラウロイルメチルタウリンNa

肌に非常に低刺激ながら、泡質、泡立ち、洗浄性がとても適切で使用感の良い洗浄剤です。

22EDTA-2Na,PPG-70ポリグリセリル-10

23乳酸アンモニウム

24BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

25BHT

ジブチルヒドロキシトルエン。脂溶性フェノールであり、酸化防止剤として化粧品では使われる。変異原性、催奇性を疑われており、食品などでは使用を自粛している会社もある。

26フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

27安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

28香料

香りづけ。

29赤401

30黄5

メーカーの紹介文

傷ついた髪の内部までいたわりながら、じんわり浸透するシャンプーです。〇しっとりまとまる髪に仕上げる、まとまりコントロール成分(毛髪保湿成分)配合。〇さわやかに甘く、ロマンティックな香りが持続。〇タバコなどのいやなニオイがつきにくいスモーキーカット香料配合。〇ヘアカラーしたての色をキープする。〇ドライヤーの熱や摩擦から髪を守る。

マシェリ モイスチュアシャンプー の関連商品

マシェリ モイスチュアシャンプー を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。