ギフト スカルプトリートメントの解析結果

総合順位

1153

総合得点 5点満点

1.89
成分数エキス系特効ダメ
461800
  • ギフト スカルプトリートメントの詳細情報
  • ラブラボの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 441
  • [容量] 500ml
  • [参考価格] 945円
  • [1mlあたり] 約 1.89円

ギフト スカルプトリートメント解析チャート

ギフト スカルプトリートメントの解説

頭皮に塗れる程度の低刺激ですが、あまり得はないかも・・?

マイルドなカチオン界面活性剤を筆頭に作られたバラトリートメントという一品。

低刺激性で、頭皮に塗ってもさほど刺激を感じないように作られていますが、

さほど頭皮へのメリットが大きいとも思えないのが残念なところ。

頭皮を改善したいというより・・

バラ系の成分を驚くほどの数詰め込みたい!という意図の方が大きいような印象のある製品です。

無意味ということはありませんし、実際頭皮に有益な成分もいくつか見られますが、

例えば香りを調整するとかリラックス効果を得るという以外には際立った性能があるわけでもありません。



頭皮の臭いをどうにかしたい、という場合にはストライクですが、それ以外の場合はあえてこの製品を選ぶ理由は多くありません。

低刺激とはいえ、カチオン界面活性剤を塗るということはリスキーですから、頭皮にとっては良い”ギフト”にはならないでしょう。

ギフト スカルプトリートメントの全成分

1

2ステアラミドプロピルジメチルアミン

3級カチオン界面活性剤です。一般的な陽イオン界面活性剤よりも肌刺激がソフトです。ただし、ダメージ修復能力は弱いです。サラサラ仕上げ。ボリューム感を付与する効果も。

3ステアリルアルコール

オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。

4パルミチン酸エチルヘキシル

油性感が少ないさっぱりした感触のエステルオイルです。

5セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

6イソステアリン酸水添ヒマシ油

7グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

8エーデルワイスエキス

皮膚バリアを強化し、外的ダメージからの耐性を高めます。抗酸化, ラジカル除去, ヒアルロニダーゼ阻害,脂質過酸化の阻害, インターロイキン-5阻害, 抗炎症作用を付与。

9クレマティスエキス

10クララエキス

マメ科クララの根より得たエキス。苦参とも呼ばれる苦味成分が特徴で、発毛・収斂・抗菌・血行促進作用などを期待されます。

11セイヨウニワトコエキス

スイカズラ科植物でフラボノイド含有のエキス。優れた抗酸化作用を付与。

12ソケイエキス

13フラガリアチロエンシス果汁エキス

14ローマカミツレ花エキス

キク科カミツレモドキ科植物の花から得たエキス。抗菌・消炎・血行促進作用などを付与。

15ダマスクバラ花油

バラの中でも最も高額で貴重なダマスクローズのオイルです。バラの花が約300万個から1Kgしか抽出できないオイルで、深みのある高貴な香りが特徴。抗菌・抗アレルギー・抗酸化・鎮静作用などを付与します。

16センチフォリアバラ花油

17ノバラ油

18ローズヒップ油

リノール酸・リノレン酸を高含有するトリグリセライド。抗酸化作用やエモリエント効果を付与。

19ハチミツ

保湿・吸湿性を持つ滑らかな感触を残す特徴。ビタミン・ミネラル・アミノ酸・抗菌成分など180種類以上の成分を含む美容効果にうれしい成分でもあります。

20ダマスクバラ花エキス

ダマスクバラは数あるバラの中でも最高級の香りを持つ種類です。 紫外線によるダメージの防止、抗酸化、美白作用などを付与。

21バラエキス

22センチフォリアバラ花エキス

セイヨウバラの花から抽出したエキス。抗炎症・抗酸化・保湿作用などを付与します。さらに、甘いバラの香りを与える他、美白作用も期待。

23カニナバラ果実エキス

ローズヒップの果実から得たエキスです。抗酸化作用を与えるビタミンを豊富に含みます。

24イザヨイバラエキス

イザヨイバラ(棘梨)果実抽出のエキスです。抗酸化作用・女性ホルモン様作用を付与し、保湿・男性型脱毛を抑制・皮脂抑制といった効果を付与。

25ロサアルバ花エキス

26ダマスクバラ花水

バラの中でも最も高額で貴重なダマスクローズです。

27ロサアルバ花水

28ダイズ芽エキス

・注目の抗老化成分ポリアミンを含有するダイズ芽エキス配合。
著しくコラーゲン産生能力を高める他、細胞の成長を促進させ寿命を延ばす働きがあると言われています。

29アロエベラエキス-1

30カッコンエキス

葛の根から抽出したエキスで、コラーゲン生成促進作用を持ち、肌の保湿機能を高めます。

31クロレラエキス

細胞の活性を高める効果のあるプランクトン由来のエキスです。

32ヒドロキシエチルセルロース

33グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

34パーム核油

35パーム油

36水添パーム油

低融点天然ワックス、ワセリンの代替、こしがあり、さっぱりした感触のオイル。

37パルミチン酸イソプロピル

さっぱりとした感触のエステル油。展延性に優れ、使用感が良い。

38イソペンチルジオール

3-メチル-1,3-ブタンジオール。溶剤として主に使われ、抗菌性、保湿性を付与する面もある。

39ポリクオタニウム-7

塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液で、コンディショニング効果を付与する他に泡質をきめ細かく増加させる機能があります。

40ステアロキシプロピルトリモニウムクロリド

持続性が高いタイプの4級カチオン界面活性剤です。髪のダメージ部をより持続的にカバーしますが、その分肌への負担も大きめであることを考慮しましょう。

41トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル

酸化に対して安定な多価アルコール脂肪酸エステルで、べたつかない軽い感触を与える。

42乳酸

43BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

44香料

香りづけ。

45安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

46フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

販売元による宣伝文

●頭皮をスキンケアする為のノンシリコントリートメント。天然の薔薇由来成分と7種類の白花由来成分が、頭皮にうるおいとハリを与えながら、頭皮環境を整えます。●エタニティローズの香り

ギフト スカルプトリートメントを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。