セルケア EGアミノローションの解析結果

総合順位
74
総合得点 5点満点
2.6
成分数エキス系特効ダメ
26010

セルケア EGアミノローションの詳細情報

[製造販売元] アメニティコーポレーション

[商品ID] 5501
[容量]120ml
[参考価格]2592円
[1mlあたり] 約21.6
素材 
2.7
安全性
4.4
コスパ 
4.5
環境 
2.8
ツヤ 
2
感触 
2.6
アンチエイジング
3
美白
3

セルケア EGアミノローションの解説


セルケア EGアミノローションの全成分

1

2グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

3BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

4ペンチレングリコール

1,2-ペンタンジオールとも呼ばれます。グリセリンとも近い多価アルコールというカテゴリの成分で、BGよりも低濃度で必要な殺菌性を得ることができるため、比較的安全性を売りにする製品に採用される傾向があるようです。また、さらっとしたベタつきのない使用感も特徴。

5PEG-10

6水添ヒマシ油

7ペタイン

8ヒトオリゴペプチド-1

旧表示名称ヒトオリゴペプチド-1、別名EGF。上皮細胞成長因子のことで、大腸菌か酵母によって産生させた遺伝子組換ヒトペプチド。53個のアミノ酸の短鎖構造をなす。アメリカの生物学者スタンレー・コーエン博士はこの成分の発見によりノーベル生理学医学賞を受賞。皮膚細胞産生の促進作用がある。元々人体が分泌しているものだが、年齢とともに分泌量が衰える。

9アセチルヒアルロン酸

10Na

11リシン

12プロリン

13トレオニン

14セリン

・アミノ酸素材が添加され、肌に親和性の高いしっとり効果を付加。影響力は大きくはないが、安全性は高い。

15グルタミン酸

16グリシン

アミノ酸の一種で、コラーゲンの3分の1程度を構成する素材として知られる。

17アルギニン

18アラニン

19クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

20クエン酸Na

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

21PCA-Na

dl-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

22エクトイン

好塩菌の中に多く見られるタンパク質などの細胞構造を安定化し、紫外線や乾燥などの肌ストレスから守る成分。

23ソルビトール

24チューベロース多糖類

25フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

26ヒドロキシエチルセルロース

メーカーの紹介文

EGFは人間が本来持っているタンパク質の一種ですが、年齢を重ねるに従ってEGFの分泌量は減少し肌が老化していきます。健康な表皮細胞は28日周期で生まれ変わりますが、25歳を過ぎたお肌は4週間から6週間周期になってしまい、角質層が厚くなることによって皮膚の老化現象が進行していきます。EGFを補給することでお肌本来の力を助け、お肌にハリとなめらかさを保ちます。

セルケア EGアミノローションの関連商品

セルケア EGアミノローションを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。