ウアオ クリスタルリッチ ヘアエッセンスの解析結果

総合順位
28位
総合得点 5点満点
3.43
成分数エキス系特効ダメ
24110

ウアオ クリスタルリッチ ヘアエッセンスの詳細情報

[製造販売元] ハラ

[商品ID] 1651
[容量]50ml
[参考価格]2413円
[1mlあたり] 約48.26
素材
78%

安全性

32%

コスパ 
48%
環境 
66%
補修力
58%
ツヤ 
80%
感触 
90%

ウアオ クリスタルリッチ ヘアエッセンスの解説

さらりと馴染みの良いオイル。


高機能なシルク3次架橋ポリマーを配合したスムース系エッセンスのようです。


オイル類とシリコンのミックスによる快適な使用感のエモリエント剤としての活用を意図しているのでしょう。


注目ポイント
(加水分解シルク/PG-プロピルメチルシランジオール)による持続性のスムース効果が一番目を引き、
メドウフォーム-δ-ラクトンの補修的効果による潤滑性も基礎となるでしょう。


比較的ヒトの肌バリヤに似た組成のオイルを多用していて、使用感はナチュラルでベタつきを軽減させています。


注意点
違和感の少ないタッチが好感度高そうですが、この分野で最高レベルのリペア性能や潤滑性を持つわけではなさそう。


総評
まずまず、中位レベルの潤滑性オイルとみていいでしょう。


肌刺激は心配なく、滑らかさの改善は間違いありません。


驚くような補修性というより、ナチュラルなバージン毛のような状態に近づけたい方向けといえるでしょう。


ウアオ クリスタルリッチ ヘアエッセンスの全成分

1シクロメチコン

2ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

3

4マカデミアナッツ脂肪酸エチル

5メドウフォーム-δ-ラクトン

加熱により毛髪ケラチンのアミド結合を形成します。この結合は疎水性相互作用より強力に髪へ吸着し、毛髪の疎水性の強化を促す。

6マカデミアナッツ油

7メドウフォーム油

炭素数20以上の不飽和脂肪酸を多く含むトリグリセライド。コシのあるタッチと、さっぱりした使用感が特徴。イコセン酸が最も多い。

8シア脂

シアの木の実から採れる植物油脂。体温付近で溶け、なめらかな感触、自然なエモリエント感を示す。また、わずかながら創傷治癒作用をもつアラントインや、整肌作用を持つカロチノイド、トコフェロールなどを含む。

9ホホバ種子油

10

11ブドウ種子油

リノール酸リッチなトリグリセライド。リッチな感触のエモリエント効果。

12オリーブ油

オレイン酸が主成分のオリーブ果実から得たオイルです。皮脂に近い油分で、エモリエントな感触を与えます。わずかに皮膚に浸透し、抗酸化作用も。

13アーモンド油

オレイン酸リッチなトリグリセライド。エモリエント効果。

14大豆油

15コーン油

リノール酸、オレイン酸の含有が多いトリグリセライドで、エモリエントでリッチな感触を与える効果。

16サフラワー油

17ヒマワリ種子油

リノール酸が7割ほどを占めるオイルで、保湿性と抗酸化作用を持つ若返りのオイルともいわれている成分です。

18ノバラ油

19オレンジ油

・油を分解する効果が高いオレンジ油配合。 香りも特徴ですが、脱脂力がややプラスされる点も考慮しましょう。

20ラベンダー油

シソ科ラベンダーの葉茎から得られるオイルです。鎮痛・リラックス効果・抗炎症・抗菌作用などを付与します。

21ローズヒップ油

リノール酸・リノレン酸を高含有するトリグリセライド。抗酸化作用やエモリエント効果を付与。

22ローズマリー油

シソ科ローズマリーから抽出したエッセンシャルオイルです。精神を高揚させる作用や、集中力アップ、育毛効果などがあると言われています。

23

24トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

メーカーの紹介文

17種類の天然植物オイルがうるおいを与えしなやかに保ちます。
軽いタッチの感触とナチュラルなツヤがでます。

ウアオ クリスタルリッチ ヘアエッセンスの関連商品

一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。