ウアオ ベジミックスハンドプロテクトトリートメントの解析結果

総合順位

884

総合得点 5点満点

2.03
成分数エキス系特効ダメ
25500
  • ウアオ ベジミックスハンドプロテクトトリートメントの詳細情報
  • ハラ株式会社の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 6571
  • [容量] 4000ml
  • [参考価格] 2416円
  • [1mlあたり] 約 0.6円
素材 
1.4
安全性
3.3
コスパ 
2.2
環境 
2.5
補修力
2.3
潤滑性
3.1
頭皮改善 
1.6
ツヤ 
2.2
持続性
2.5
感触 
3.7

ウアオ ベジミックスハンドプロテクトトリートメントの解説

手荒れ防止が目的なら、違うんじゃないか・・

本気で手荒れや刺激性を抑えようとするなら、4級カチオン界面活性剤がトップにくるはずはない。



一般的なマイルドなトリートメントの処方より、市販の安モノリンスに近い製品。

ステアルトリモニウムブロミド(4級カチオン界面活性剤)がトップ配合で、タンパク変性作用の強い、一般的なコンディショナーとほぼおなじリスクをもちます。



これのどこがハンドプロテクトなの?と思ってしまいますが、

例えば、ステアルトリモニウムクロリド(塩化物)とステアルトリモニウムブロミドではわずかにブロミド(臭化物)の方がマイルドといえます。

そういう見方では多少マイルドではある、といえますが、3級カチオン界面活性剤に比べればずっと刺激が強くなります。



よくある低刺激なトリートメントのベースは3級カチオン界面活性剤ベースであることがほとんどで、

特に手や頭皮への刺激が低いことを謳う場合に4級カチオン界面活性剤をベースにすることは普通無いでしょう。



刺激性の点ではマイルス査定となる面がありますが、1つのトリートメントとしての評価はどうでしょう。



コンディショニング効果は一般的なコンディショナーレベルか、それ以下です。

効いてくるのは前述の4級カチオン界面活性剤とヒアロヴェールとシルク程度ですので、かなりシンプルなコンディショナーと同等レベルとなる見込みです。



シソエキスやダイズ、きゅうりエキスなどのスキンコンディショニング成分はあまり役に立ちません。

頭皮につけるにはリスクが高く、手荒れを改善するというより悪化させるタイプとなりますので、

スキンコンディショニング成分が働く余地がありません。

ウアオ ベジミックスハンドプロテクトトリートメントの全成分

1

2ステアルトリモニウムブロミド

4級カチオン界面活性剤ですが、このタイプは少しだけ肌刺激が抑えめ。 髪のダメージ部に選択的に吸着して疎水性を改善します。

3セテアリルアルコール

4ヒドロキシエチルセルロース

5BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

6オタネニンジン根エキス

活性成分ジンセノサイドを含有するオタネニンジンの根から採れたエキス。代謝・血行促進作用を有する。

7ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム

・ヒアルロン酸の280倍の吸着力を持つヒアロベール配合。
持続的な保湿感を付与しています。

8シソ葉エキス

シソ科紫蘇の葉より得たエキスです。ロズマリン酸やフラボノイド配糖体を含み、腫瘍壊死因子の産生を阻害する働きにより抗炎症・抗アレルギー作用をもたらします。抗菌作用目的でも配合されます。

9ニンジン根エキス

活性成分ジンセノサイドを含有するオタネニンジンの根から採れたエキス。代謝・血行促進作用を有する。

10ダイズ種子エキス

イソフラボンによる抗酸化作用や女性ホルモン様作用による男性型脱毛の予防、保湿作用、美白作用などを付与。

11キュウリ果実エキス

ビタミン類、リンゴ酸、クエン酸などを含むエキスです。優れた保湿作用や抗酸化作用も付与します。

12加水分解シルク

13グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

14オリーブ油

オレイン酸が主成分のオリーブ果実から得たオイルです。皮脂に近い油分で、エモリエントな感触を与えます。わずかに皮膚に浸透し、抗酸化作用も。

15パルミチン酸エチルヘキシル

油性感が少ないさっぱりした感触のエステルオイルです。

16ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

17水添パーム油脂肪酸グリセリズ

18ラウレス-2

19ラウレス-21

20イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

21エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

22フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

23メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

24プロピルパラベン

25香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

美容師さんの意見とテストを繰り返して誕生したトリートメント。
傷んだ髪をヒアルロン酸誘導体と加水分解シルクが補修し、しなやかでツヤのあるしっとりとした髪に仕上げます。
オリーブ油が毛先までうるおいを与え、指どおりのよいサラサラの髪にします。
うるおいを与えるシソ葉エキス、オタネニンジン根エキス、キュウリ果実エキス、ダイズ種子エキス配合。

ウアオ ベジミックスハンドプロテクトトリートメントの関連商品

ウアオ ベジミックスハンドプロテクトトリートメントを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。