hadakara(ハダカラ) ボディソープ フローラルブーケの香りの解説

アルカリ石けんとポリマーと鉱物油。


この見出しだけであまり乗り気にならない製品であることに勘づかれると思います。


肌に悪く、容易い方法であたかもさらさらになったように感じさせ
良い製品であるかのように振る舞っている石けんです。


何がリッチだと言いたくなりますが、リッチなように感じさせるボディソープということです。


肌のケアを重要視している人が使う製品では決してありません。


肌のことは取り敢えず、さっぱり過剰気味に洗ってリッチ気分を味わいたい、肌ケアなど二の次です、という方向け。


hadakara(ハダカラ) ボディソープ フローラルブーケの香りの全成分

1

2PG

プロピレングリコールのことです。湿潤・制菌作用があり、品質安定剤として使われます。石油由来の無色無臭成分で、香料・精油・樹脂などを溶解するためにも使われます。少量では人体に毒性なし。

3ミリスチン酸

4ラウリン酸

5水酸化K

6パルミチン酸

7アクリル酸アルキルコポリマー

8ラウリルベタイン

アニオン界面活性剤と併用することで増粘作用を与える。酢酸ベタイン型両性界面活性剤。

9フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

10香料

香りづけ。

11ミネラルオイル

地下資源(石油、石炭、天然ガスなど)由来の炭化水素化合物で、いわゆる鉱物油・流動パラフィンと呼ばれる種類です。ワセリンも同じ鉱物油です。肌へは全く浸透しないため、肌刺激はありません。また、分子間に隙間がほとんどない構造のため、強い光沢感を得ることもできます。また、クレンジングオイルの基剤に用いられることもあり、強い油性でメイクを馴染ませ落とすことも得意です。ヘアケアでは光沢の強い油膜コーティングを施す目的で配合されることがあります。

12ポリクオタニウム-6

13

14

15ポリクオタニウム-7

塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液で、コンディショニング効果を付与する他に泡質をきめ細かく増加させる機能があります。

16セテス-20

17EDTA

メーカーの紹介文

日本初・吸着保湿テクノロジーで保湿成分が洗い流されないので、高い保湿効果を発揮する。
洗うたび、うるおいを与えるので、つい触りたくなるやわらかい肌に仕上げるボディーソープ。
赤ちゃんやお子様のデリケートな肌にも使えます。
摘みたてのフローラルブーケの香り。
上品なホワイトジンジャーリリーに、華やかなローズやジャスミンをプラス。
ナチュラルなフローラルの香りです。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。