サナ 薬用スカルプ コンディショナー Eの解析結果

サナ 薬用スカルプ コンディショナー E常盤薬品工業頭皮を清潔に保ちいたわりながら美しい髪に薬用有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム、サリチル酸配合。頭皮・毛髪をすこやかにし、フケ・かゆみを防ぎます。アミノ酸系コンディショニング成分使用。頭皮に負担をかけずに頭皮と毛髪をすこやかに保ちます。センブリエキス(頭皮に働く保湿成分)、シリコンオイル(毛髪保護成分)配合天然香料配合。心やすらぐフルーティフローラル系の香りです。(微香性)ノンコメドジェニックテスト済み吹き出物やニキビの原因となる原料をできるだけ取り除いています。※全ての方がニキビにならないとは限りません。

総合順位

1510

総合得点 5点満点

1.71
成分数エキス系特効ダメ
22100
  • サナ 薬用スカルプ コンディショナー Eの詳細情報
  • 常盤薬品工業の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 1416
  • [容量] 220ml
  • [参考価格] 840円
  • [1mlあたり] 約 3.82円

サナ 薬用スカルプ コンディショナー E解析チャート

サナ 薬用スカルプ コンディショナー Eの解説

この製品はスカルプコンディショナーと謳っているわりに、頭皮ケア成分をろくに配合していない一品。

保湿、平滑性を与えるアルギニン誘導体、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドといったところを配合していますが、

シットリした感触のわりにトリートメント効果は薄く、リンスという以上のものではないと言えます。

頭皮に対しても有効性は低く、カチオン界面活性剤の刺激性もあるのでおすすめできません。

使い道はあまりないリンスであるといっていいでしょう。

これくらいの値段を支払うのであれば、もっと質の良いものを選ぶことができます。

サナ 薬用スカルプ コンディショナー Eの全成分

1グリチルリチン酸ジカリウム

細胞レベルで抗炎症作用をもたらす甘草由来の素材。また、白血球内の免疫細胞を強化する働きもあるとされています。

2サリチル酸

強い殺菌性、抗炎症効果を持つ合成有機化合物です。皮膚刺激性がやや高いため、肌の弱い方にはリスクが大きめの成分ですが、ニキビ対策製品などに頻出します。同様に、フケの殺菌用としても用いられることがあります。

3

4セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

5(アジピン酸/2-エチルヘキサン酸/ステアリン酸)グリセリルオリゴエステル

6トリ2-エチルヘキサン酸グリセリル

7塩化アルキルトリメチルアンモニウム

8センブリエキス

リンドウ科の2年草で、細胞活性作用、抗炎症・血行促進作用を付与します。

9N-[3-アルキル(12,14)オキシ-2-ヒドロキシプロピル]-L-アルギニン塩酸塩液

10アルギニン

11オレイルアルコール

12高重合メチルポリシロキサン

13ステアリルアルコール

オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。

14ポリオキシエチレンアルキル(12~14)エーテル(12E.O.)

15無水エタノール

無水エタノールとは、エタノールを99.5vol%以上含有するということです。消毒用エタノールは76.9~81.4vol%含有。

16メチルポリシロキサン

ジメチコン。

17塩化O-〔2-ヒドロキシ-3-(トリメチルアンモニオ)プロピル〕グァーガム

18塩化ジステアリルジメチルアンモニウム

19親油型モノステアリン酸グリセリル

20濃グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

21香料

香りづけ。

22パラベン

販売元による宣伝文

頭皮を清潔に保ちいたわりながら美しい髪に薬用有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム、サリチル酸配合。頭皮・毛髪をすこやかにし、フケ・かゆみを防ぎます。アミノ酸系コンディショニング成分使用。頭皮に負担をかけずに頭皮と毛髪をすこやかに保ちます。センブリエキス(頭皮に働く保湿成分)、シリコンオイル(毛髪保護成分)配合天然香料配合。心やすらぐフルーティフローラル系の香りです。(微香性)ノンコメドジェニックテスト済み吹き出物やニキビの原因となる原料をできるだけ取り除いています。 ※全ての方がニキビにならないとは限りません。

サナ 薬用スカルプ コンディショナー Eを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。