オイ オイルの解析結果

総合順位

128

総合得点 5点満点

2.54

楽天でオイ オイルを買う
成分数エキス系特効ダメ
15100
  • オイ オイルの詳細情報
  • ダヴィネスの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 6544
  • [容量] 135ml
  • [参考価格] 5076円
  • [1mlあたり] 約 37.6円
素材 
2.2
安全性
4.1
コスパ 
1.3
環境 
2.9
補修力
2.7
潤滑性
3.1
頭皮改善 
2.2
ツヤ 
2.9
持続性
2.9
感触 
3

オイ オイルの解説

多くを語る必要のないクオリティです。

極めて力の抜けた処方であり、 安物という言葉がよく似合う。

言うなれば最も安上がりなタイプのヘアオイルであり、

いわゆるシリコンオイルと言うタイプになります。

製品の保護大部分がシリコンオイルであり、一時的にさらっとさせたりツヤを見せたりという芸当を手軽に与えることができる製品です。

この程度であれば数百円の安い製品がいくらでも存在しており、

果たして5千円以上という値段がこの製品にふさわしいかどうかを判断するのは難しいところです。

いや、その価値はないでしょう。



このブランドの大ファンであれば価値を見出す可能性はありますが、少なくても全成分表だけを俯瞰してみるとその気の抜けたような処方が どうしても気になってしまいます。

シリコンオイルに香りの成分をぱっぱと足して、紫外線吸収剤も配合されていますが、これの質も低く、紫外線を吸収しすぎでは肌に刺激になる可能性すらあるのです。

要は、高品質とは程遠い簡単な処方でありますので、質の高い製品を求めているのであれば絶対に選択肢に入らないであろうタイプです。



オイ オイルの全成分

1シクロペンタシロキサン

環状シリコーンであり、揮発性を有する。蒸発すると皮膜が形成されるタイプで、さらっとした軽い感触を残す性質がある。

2ジシロキサン

3ジメチコノール

水酸基が末端に結合しているジメチルポリシロキサンです。製品にシリコンを乳化させるために配合される乳化剤として働きます。また、ジメチコンと比べ高い櫛通り性、洗浄耐久性があります。

4シクロヘキサシロキサン

5メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

紫外線吸収剤。UV製品ではメジャーな素材ですが、吸収量が多くなると次第に酸化刺激が肌を襲うため、万能では無いことに注意。使用感はやや粘り気を伴うが、べたつくほどではない。UVAを吸収する働き。

6トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

7ヒマワリ種子油

リノール酸が7割ほどを占めるオイルで、保湿性と抗酸化作用を持つ若返りのオイルともいわれている成分です。

8ベニノキ種子油

9シトロネロール

10オオミテングヤシ果実油

11ゲラニオール

バラに似た香料で、防蚊効果を有する。

12リナロール

13α-イソメチルイオノン

テルペノイドの一種ですみれのような香りを付与する。

14リモネン

15香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

ボリューム感を損なうことなく、柔軟性と輝くような艶を与える、ヘアオイル。指通りをなめらかにし、もつれを軽減。ドライヤーの熱や乾燥から髪を守ります。

オイ オイルの関連商品


楽天でオイ オイルを買う

オイ オイルを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。