ナチュラルヘアソープ グローアップ の解析結果

総合順位

931

総合得点 5点満点

2.16
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
153000

ナチュラルヘアソープ グローアップ 解析チャート

ナチュラルヘアソープ グローアップ の解説

強すぎる脱脂力。高すぎる価格。

業界でもトップクラスの高額な設定。

しかし、内容は驚くほどお粗末で閉口。

ベースはオレフィン(C14-16)スルホン酸Na、つまり、ラウレス硫酸Naと同様の洗浄剤。

わずかに含まれるオレンジ油も脱脂力を加える事から、かなりクレンジングなシャンプーであるといえます。

とてもシンプルな作りながら、素材がちっとも良くないという残念な作りで、

宣伝にあるような「低刺激シャンプー」という表現にも値しないクオリティであると断言します。

ナチュラルヘアソープ グローアップ の全成分

1

2オレフィン(C14-16)スルホン酸ナトリウム

3ココイルグルタミン酸カリウム

4パーム核脂肪酸アミドDEA

増粘・増泡剤、泡安定剤、感触向上剤としてシャンプー、家庭用洗剤等に配合されます。

5エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

6ポリオキシエチレンセチルステアリルジエーテル

親油基が多鎖型非イオン性界面活性剤。皮膚への残留性の少ないジェルなどが形成可能。

7ジメチコンコポリオール

・持続性を特徴とするポリエーテル変性シリコーン。

8ヒアルロン酸Na

・ヒアルロン酸ミックスを配合。しっとりとしたタッチを演出しています。

9BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

10コカミドDEA

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

11グリチルリチン酸2カリウム

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の成分。

12ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

13クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

14オレンジ油

・油を分解する効果が高いオレンジ油配合。 香りも特徴ですが、脱脂力がややプラスされる点も考慮しましょう。

15フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

販売元による宣伝文

ヘアサロン向けに開発された、髪と頭皮にやさしい低刺激シャンプーです。天然アミノ酸系の洗浄剤に、天然ヒアルロン酸をはじめとした各種天然成分を配合。髪と頭皮を、すこやかな弱酸性にひきしめていきます。本品(グローアップ)は、頭皮や毛穴の汚れが気になる男性におすすめです。天然アミノ酸系・弱酸性・無添加(表示成分)・無香料・無着色。

ナチュラルヘアソープ グローアップ を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。