ミューネ スマートオーガニック コンディショナー ポリフェノールシャワーの解析結果

総合順位

1420

総合得点 5点満点

1.76
成分数エキス系特効ダメ
351200
  • ミューネ スマートオーガニック コンディショナー ポリフェノールシャワーの詳細情報
  • SPRジャパンの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 1001
  • [容量] 500ml
  • [参考価格] 1575円
  • [1mlあたり] 約 3.15円

ミューネ スマートオーガニック コンディショナー ポリフェノールシャワー解析チャート

ミューネ スマートオーガニック コンディショナー ポリフェノールシャワーの解説

まず、抗酸化成分であるポリフェノール類を10種類配合、と宣伝されていますが、

リンスに果たして抗酸化作用がそれほど必要でしょうか。



頭皮を洗うシャンプーや、頭皮につけるスカルプローションであれば効果が期待できるかと思いますが、

毛髪の酸化を防止?というのは何の役に立っているのか不明ですし、

この製品は頭皮に塗ることは推奨できない作りです。

ノンシリコン、とのことですが、オクチルドデカノールのような薄い被膜形成する成分はアリ、というのはどういう根拠があるのでしょうか。

ワセリンは?ポリイソブテンは?ホホバタンパクだって被膜形成します。

ノンシリコンなら何でもOKというのでは本当にいい製品を見つけることはできないでしょう。

この製品でいえば、シリコンはありませんが、ワセリンが高配合で膜を作り、

グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドもカチオン性の被膜形成。

シアバターはエモリエント付与、紫外線防止。

その他エキスは保湿、抗酸化、抗炎症、抗菌などの作用がありますが、このリンスの中では大して役に立っていると思えません。

全体としては、シリコンが入っていないのは本当だが、それに変わるような効果的な処方はなく、

余計な成分がアレコレ入って無駄に高額になっている効きの悪いリンス、ということです。

ミューネ スマートオーガニック コンディショナー ポリフェノールシャワーの全成分

1

2セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

3パルミチン酸エチルヘキシル

油性感が少ないさっぱりした感触のエステルオイルです。

4ステアルトリモニウムクロリド

4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。タンパク変性作用が強いため、皮膚には付けるべきではありません。髪のダメージ部に吸着し、疎水性を改善させます。

5ワセリン

英語ではpetroleum jelly。ずばり、石油ゼリーです。正しくは、石油由来の炭化水素類を脱色精製したもの。石油由来とはいえ、全く肌に浸透せず、化学的に不活性なので全く皮膚刺激はない。特徴としては油剤そのものなので、がっちりと油のフタをするイメージです。肌の内部から水分が蒸発するのを防ぐことや、外部からの刺激を遮断するなどの役割があります。難点としては、単独では非常に油らしいベタつき感があるため、ベトベトした感触が向かない場面もあるかと思います。

6グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド

カチオン性の毛髪保護剤ですが、あまり効果が高くありません。

7シア脂

シアの木の実から採れる植物油脂。体温付近で溶け、なめらかな感触、自然なエモリエント感を示す。また、わずかながら創傷治癒作用をもつアラントインや、整肌作用を持つカロチノイド、トコフェロールなどを含む。

8ミツロウ

9オクチルドデカノール

植物由来の分枝鎖飽和アルコールで、水添ポリイソブテンの感触改良作用がある。薄い皮膜を形成し、ベタつきのないさらっとした感触を与える。

10ビルベリー葉エキス

・ビルベリー葉エキスはGABA産生促進作用、抗炎症、抗シワ、ヒアルロン酸産生促進、メラニン生成抑制、保湿、抗酸化作用。

11ブドウつるエキス

ポリフェノールの一種レスベラトロールを含むエキスです。優れた抗酸化力を持ち、サーチュイン(長寿遺伝子)に作用して抗老化作用が期待される成分です。

12ブドウ葉エキス

多種のポリフェノールを含むエキスで、抗炎症・皮脂抑制、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンの分解を抑制といった効果を与えます。

13キイチゴエキス

14リンゴエキス

15ローズヒップ油

リノール酸・リノレン酸を高含有するトリグリセライド。抗酸化作用やエモリエント効果を付与。

16オニイチゴ根エキス

17ザクロ花エキス

強い抗酸化作用を持つほか、男性ホルモンを抑制する働きがあることから、皮脂分泌をコントロールする効果を期待できます。また、男性ホルモン由来の男性型脱毛を予防する働きも

18乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液

発酵によりリンゴ酸の一部が乳酸に変化し、ブドウ果汁エキス単体よりもAHA効果が高まります。穏やかなピーリング作用により、古い角質の除去作用があります。

19プルーン分解物

表皮細胞がメラニンを受け取る過程を阻害することで肌が黒く見えることを防ぐ作用=美白作用があります。ユニークなアプローチの美白剤。

20アルテア根エキス

ヨーロッパ原産のアオイ科植物のビロウドイオイの根より抽出したエキスです。抗炎症作用やヒアルロン酸分解酵素を抑制し肌の保湿力を高める働きがあります。

21セージ葉エキス

シソ科セージの葉抽出エキス。抗菌作用、血行促進作用、収れん作用などを与えます。

22タチジャコウソウエキス

シソ科植物でタイムというハーブの名称の方が知られているかもしれません。防腐・殺菌作用をはじめ、血行促進、抗酸化作用を付与します。

23ラベンダー花エキス

シソ科ラベンダーのエキスです。タンニン、リモネン、リナロールなどを含みます。ラベンダー独特の芳香と、収れん作用、抗菌作用を付与する。

24ローズマリー葉エキス

抗菌・抗酸化作用・芳香を特徴とするローズマリー。ローズマリーは天然の保存料として用いられ、エイジングケアとしてもすぐれた効果。その他ローズマリーはリウマチやアレルギーにも効果が認められ民間薬として使用されています。

25アロエベラ液汁

26加水分解ホホバタンパク

27エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

28BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

29イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

30水添ポリイソブテン

ワセリンやミネラルオイルのように炭化水素化合物でできた鉱物油の一種です。合成スクワランとも呼ばれるように、スクワランや環状シリコーンなどの代替としても使われます。無味無臭無色で、化学的に不活性なため肌刺激はありません。また増粘剤や油性基材とても使われます。

31DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

32クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

33エチドロン酸4Na

34フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

35香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

ポリフェノールのほか10種類の酸化防止成分を配合したノンシリコン処方のコンディショナーです。髪を保護しながら、健康的な地肌としなやかなか髪へと導きます。シアバター配合。パラベンフリー。

ミューネ スマートオーガニック コンディショナー ポリフェノールシャワーの関連商品

ミューネ スマートオーガニック コンディショナー ポリフェノールシャワーを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。