ルシード ボリュームパウダーワックス ふんわりハードの解析結果

総合順位

23

総合得点 5点満点

2.79
成分数エキス系特効ダメ
10010
  • ルシード ボリュームパウダーワックス ふんわりハードの詳細情報
  • マンダムの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 843
  • [容量] 70ml
  • [参考価格] 840円
  • [1mlあたり] 約 12円
素材 
3
安全性
5
コスパ 
3
環境 
3.3
補修力
3.3
潤滑性
2.3
頭皮改善 
3
ツヤ 
2.2
持続性
2.6
感触 
2.9

ルシード ボリュームパウダーワックス ふんわりハードの解説

非常にシンプルな構成の整髪料ですが、

とても良い製品とは必ずしも言えなさそう。

ジラウロイルグルタミン酸リシンNaはペリセアと呼ばれ、優れた浸透性でセラミドと同様の保湿機能と、髪に対しても浸透しダメージ補修、弾力、滑りの改善、洗浄剤の刺激緩和、泡立ち安定など様々な改良効果を付与。

このペリセアが微量含まれることを売りに、「ふんわりハード」と名付けているようですが

その他の成分といえばグリセリン、シリカ、ケイ酸といった保湿やサラサラパウダー、キサンタンガムは増粘、カプリリルグリコールは熱感の刺激を感じやすいデメリットを持つ。

全体としては、

まず肌には決してマイルドとは言えない製品であること。

次に整髪料と呼べるほど製品として完成度が高くないといった問題があります。

極力、配合成分を少なくして感触だけで勝負したような製品ですが、とてもオススメといえるような質の製品ではありません。

肌の弱い人もダメです。

ルシード ボリュームパウダーワックス ふんわりハードの全成分

1

2エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

3BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

4グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

5ケイ酸(Na/Mg)

6シリカ

主に二酸化ケイ素のことです。吸水性が低いため、ファンデーションなどが湿気により固形化するのを防ぐ役割や、乳液の安定性を高めるためなどで利用されます。

7キサンタンガム

微成分により生成される多糖類です。親水性コロイドとして水系の製品の増粘剤として働きます。温度耐性、pH耐性が高い。

8カプリリルグリコール

静菌作用を有する保湿剤として使われます。

9クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

10ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

世界初ジェミニ型(双子型)両親媒性物質・通称ペリセア。洗浄剤の刺激緩和のほか、髪のコーティング、有効成分の浸透補助、髪の強度アップなど多岐にわたる効果を発揮。毛髪内部に極めて短時間(約1分!)で浸透しダメージ修復。肌のキメを整える美肌効果も。

販売元による宣伝文

●ボリュームパウダー(整髪成分)で、髪の根元からふんわりと立ち上げる!●浸透性アミノ酸が髪のすみずみまで届き、ハリ・コシのある髪へ!●油分ゼロで、ふわっと軽い仕上がり●無香料・無着色・防腐剤無配合

ルシード ボリュームパウダーワックス ふんわりハードを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。